テーマ:宇宙

イランのロケット・パイロットはお猿さん 国の威信を賭けて人工衛星軌道上まで操縦? その後帰還?

イランという国も科学技術が進歩してきたようだ。すでに人工衛星の打ち上げには成功している。北朝鮮とは違うのだ。 猿が初めて宇宙に挑戦したのは1949年アメリカであるから、それから約60年遅れの挑戦となる。だが、日本はと言えば、地上から動物を宇宙に打ち上げたことはないので、この領域ではイランの方が進んでいるかもしれない。 科学は…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

民間の無人資材補給船「ドラゴン」が国際宇宙ステーションにドッキング 価格破壊の波が宇宙にも及ぶ

この度、米国の民間ベンチャー企業スペースX社が開発した「ドラゴン」が、資材を積んで国際宇宙ステーションとのドッキングに成功した。先ほど成功した日本のH2Aロケットによる衛星打ち上げ費用は国際水準と比較して3割程度高いと言われている。日本はH2Bを用いて、この7月21日に「こうのとり」による3回目の国際宇宙ステーションへの資材運搬を予定し…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

日蝕によっても変わらなかった平家敗北の運命 安徳天皇悲し この日蝕は本当に起こったのか?

昨日の毎日新聞の余録によると、1183年11月、岡山県水島における源平合戦のさなかに日蝕(金環蝕)が起こり、源氏の兵が散りじりバラバラになったとある。歴史によると1185年4月に安徳天皇が死去して源氏が勝利を納めることになる。日蝕に救われた命も、1年半延命しただけに終わった計算となる。 さて、この日蝕は本当に起こったのか? Wik…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日蝕で暗闇となったその次の日にはいよいよ東京スカイツリーがオープン 日本の天岩戸は再び開く!

5月21日(月)朝の金環蝕は九州から関東まで、多くの人が楽しみにしている。住んでいる場所から一生に一度見られるかどうかの大イベントである。日蝕観察用の眼鏡はすでに売り切れ状態である。 さて、5月21日ときいてすぐに連想するのが5月22日(火)の東京スカイツリーのオープンである。なぜ土曜日でないのか?日曜日でないのか?そして、日蝕の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

H2Aロケットの打ち上げ成功 韓国の「アリラン」と日本の「しずく」が衛星に これで成功率は20/21

H2Aロケットの打ち上げが成功した。今回は初の商用衛星の打ち上げが成功したことで、日本の衛星打ち上げ技術の信頼性がまたひとつ高まったことになる。 H2Aは液体水素と液体酸素を反応させて推力を得る。極低温の液体水素から極高温の燃焼ガスまでを扱わなければならず、しかもロケットエンジン内は高圧にさらされる。ただし、水の分子量は18と小さ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

金星探査衛星「あかつき」の失敗原因が報告される ロケットエンジンの破壊と結論された!!

以前に金星探査衛星「あかつき」の失敗原因について、その原因の推定を書いた。 金星探査衛星「あかつき」の失敗原因はロケットエンジンの破壊? 「はやぶさ」のように生き返らないのでは この時には加速度データより、ロケットエンジンの一番細くなっている部分が壊れてその一部が飛んで行ったと記した。 今回、JAXAより原因究明につ…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

地球に飛来する隕石の一部は小惑星から イトカワの成果 小惑星群は隕石発生のゆりかごである

地球に飛来する隕石の一部は小惑星から飛来していることが、イトカワの採取してきた砂を分析することにより裏付けられたとのニュースである。小惑星群が地球にやってくる隕石のゆりかごになっているだろうとの推定は非常に昔からなされていたが、それを科学的に証明した功績は大きい。 先日、NASAの科学者が隕石の中に生命の起源を発見した(のではない…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more