テーマ:社会

水上バイクによる内臓損傷事故 製造物責任は問えるか? 国土交通省は「想定外」と言っているのだが!?

製造物責任法という法律がある。製造された製品の使用にあたって、たとえ使用者が間違った使い方をしてもその安全を保証することに主眼が置かれている。そこで、「猫を電子レンジで乾かさないでください!」などと、一般的には起こりそうもない注意書きまでしなければいけなくなる。もし、そのような事故が起こり個人の財産(猫も財産)に損失が出たとき、ここに書…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

鳩山兄弟に母より42億円ずつのお小遣い 相続税も贈与税も税率50%なら早く渡すに越したことはない!

鳩山家の総資産は母、長男、次男を合わせると400億円とも。ブリジストン株の配当で毎年約4億円(配当金額はこちら、税込)が積み上がっていく勘定。 朝日新聞の記事にもあるように、これだけ高額になると相続税率も贈与税率も50%で変わらない。それならば、早く息子たちに渡してしまおうという判断だろう。 ところで、下の週刊新潮の目次に「…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

日本は「変革のプロセス」からまた一歩後退した 将来に起こる問題を皆が知りながら変革できないもどかしさ

下に示した変革プロセスは、ゴーンによる日産自動車の変革を想起させます。底力のある組織は、マネジメントさえしっかりすれば生き返るものです。 それに対してギリシャはどうでしょう。1.の危機意識は半数の国民にはあるようですが、全国民がそうということもないように感じられます。 日本はどうでしょう。本日の民主党分裂ではありませんが、国…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

オウム真理教の特別手配犯 平田信、菊地直子、高橋克也の時効は停止していた! 知ってましたか??

テレビの刑事ドラマで時効の成立する数時間前に、いや極端な場合には数分前に犯人が逮捕されて、一件落着となるものがある。しかし、時効に関してはことはそんなに簡単なことではないようだ。事実、下にも転記したが、松山ホステス殺害事件の福田和子のケースでは、逮捕されたのは時効成立の3週間前であったが、起訴されたのは時効の僅か11時間前である。この起…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

オウム真理教のサリン70トン製造計画が進みつつあった 中川智正死刑囚が語ったこと

毒物学で高名なAnthony T.Tu博士がサリン事件で刑が確定している中川智正死刑囚と面談した、その内容が雑誌「現代化学」に掲載されている。 それによると、オウム真理教は約70トンのサリンを製造する予定であったようだ。この量は4200万人の人を殺せる量である。なお、ドイツは第二次世界大戦中に7000トンのサリンを所有していたとい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国の労働者は権利を強く主張する 勝利のためには「仁義なき戦い」も 日本人にもこのパワーが必要だ!

中国は個人主義の国である。ここでいう個人主義とは自分に利があれば良しとする風潮を言っている。すべての中国人がそうだとは決して思わない。ニュースでは極端な一面がクローズアップされ、それが増長されていく傾向もあるだろう。 賄賂が横行する国であるが、今まで腐敗とは関係がなかった中国市民も、自己の権利を強く主張し始めたようである。ますます…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

今問題となっている韓国や中国への日本のハイテク製鉄技術の流出は、起こるべくして起こっている!!

日本人はお人好しである。世間知らずである。世界の中では類い稀なる存在である。 狼の前ではあっという間に餌食にされてしまうだろう。私は狼は西欧諸国であると思っていた。今まではそうであった。しかし、下のニュース記事を見るまでもなく、最近では中国や韓国もすでに狼に変身している。 中国に進出した企業は、ほとんどの情報を吸い取られるこ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

秋葉原通り魔無差別殺傷事件から6月8日ではや4年 時青年はそのとき何を思っていたのか?

手許に片田珠美著「無差別殺人の精神分析」(2009年)がある。物騒な題名ではあるが、この時の青年の精神状態をよく描き出している。 青年は良い高校、良い大学、そして良い会社へと進むことを期待され、教育ママのもとで育った。母親の引いたレールの上をただ走り続ける予定であった人生。友だちと遊ぶことすらも禁止された人生。そのような環境におか…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

平均寿命(80歳)ー健康寿命(70歳)=晩年不健康期間(10年) QOLとPPKを如何に確保するか?

死ぬのが怖い。もっと生きたいと思うのが人の世の常でしょうが、年齢が高くなってくると毎日をもっと有意義に生きたい、とか、若いものに迷惑はかけたくないとの思いも次第に強くなってきます。 そこで、理想の生き方、死に方として出てくるのがPPKです。これは、ピン・ピン・コロリの略です。すこしふざけた感はありますが、目指すところをよく表してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100年の時を経てエジソンの電気自動車への夢が実現した その成功のキーは蓄電池の進歩であった

電気自動車はガソリン自動車よりも早くに発明されました。しかし、ガソリン車の発明に、長い間その椅子を手放すことになりました。 MSN 5月25日 電気自動車とエジソン、車と燃料の歴史  1900年代初頭、発明家トーマス・エジソンは電気自動車(EV)こそが輸送機関の未来形だと考えていた。エジソンは電球や映画技術などの発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イノベーションとは何か? 日本にオペレーションはあるがイノベーションはない? これが日本弱体化の原因

日本経済に閉塞感が漂ってすでに20年を超えるが、状況はだんだん悪くなっている。大学新卒者は就職するに企業なく、丁度石油ショック後の大就職難と状況を同じくしている。一方、国は税収が減り、国債発行を年々の糧を得る手段とすることが常態化した。日本の国もあと数年で破産という声もあちこちから聞こえるようになった。 国が富むためには、国民が売…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パチンコ産業の市場規模は大きい しかし、パチンコホールの売上高は貸玉料であるので実態とは言えない

パチンコ産業は20兆円産業である。国民が1億人とすると平均して1人あたり年間20万円、一家(3人家族)で60万円をパチンコにつぎ込んでいる計算となる。これは実態からかけ離れた数字であると考えられる。その理由として、パチンコホールの売上高は貸玉料金としているためで、この売上高より返還懸賞金や人件費、そして償却費などを引いて最終的な利益を求…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

【渋谷地下鉄殺人未遂事件】 解決するも弱者に社会の矛盾がしわ寄せされる現代社会事情が反映?

また起こってしまったこの種の犯罪。複雑化する現代社会の病巣と言ってしまえばそれ一言で終わるが、ことはそんなに簡単なものではないだろう。 いままでのこの犯人の人生がどのようなものであったかが、これが犯行に結びつく原因となったことは確かである。その事情は今はうかがい知ることはできない。また、同じ事情のもとにおいても、人の行動は様々であ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

古来、日本は多くの文化を中国、朝鮮から取り入れていた 帰化人という「人」そのものも含めて

昨日のブログでは「同姓同名」に付いて触れ、その中でも古くからある帰化人に由来する名前「秦」に触れた。これは秦の始皇帝の「しん」であり、日本では「はた」という名前でしられる。「秦」姓の日本国内における分布についても同時に記した。 「秦の始皇帝」の「秦」ではあるが、この秦は紀元5世紀ころに朝鮮からの帰化人により日本にもたらされた苗字で…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

同姓同名を探してみませんか? このようなWebサイトがありました

「同姓同名探しと名前のランキング」という面白いWebサイトがある。これは、「電話帳の掲載件数をもとに該当する人数(実際の人口ではありません)を探します。一般的に世帯主の名前が掲載されていますので、女性の名前や今どきのお子様の珍しい名前などはあまり該当しないと思います」という前提の下での調査であるが、なかなか興味深い。私の実名(苗字と名前…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あなたは日本語の単語をどの程度知っていますか? 語彙 蓋然性 懸軍 泥濘 頑冥不霊 など

語彙数推定テストなるののがある。これは日本語の語彙をいくら知っているかを計測するためのテストである。 まず、語彙とは何か? 語彙(Wikipedia)によると、 語彙(ごい)とは、ある特定の範囲(例えば、一つの文学作品や、一個人の発言記録など)において使われる単語の総体(「彙」は「集まり」の意味)。したがって、通例「語彙」を…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

20年に1度開かれる播磨国総社の「三ツ山大祭」 日本の歴史において20年という周期は意味があるのか?

来年、姫路で20年ぶりの「三ツ山大祭」が開催される。期間は来年の3月31日~4月7日の8日間。ポスターはすでに公開されている。 神戸新聞 3月5日 「三ツ山大祭」の歴史ひもとく 姫路市が研究調査  20年に1度開かれる播磨国総社の「三ツ山大祭」。姫路市が3年がかりの調査に乗り出す(姫路市提供) …
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

書籍 リベラルアーツ世界 教養なきものは欧米社会で尊敬されない なぜ、日本にリベラルアーツがないか

旧制高校においては人生とはなんぞや、と同じ飯を食いながら議論した。これは、生きていくためには全く無意味のようにも思われるが、この議論を通して生きる意味をつかみ取り、それを励みにその後の人生を作り上げてきた。社会における自身の役割を意識したからこそ、戦前の人々は非常に建設的な仕事を成し遂げることができたと言える。 ところが、戦後は事…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

書籍「しのびよるネオ階級社会」 日本は教育格差により、イギリス社会のように社会階級が固定化してくる

書籍「しのびよるネオ階級社会」(2005、平凡社) 本書はほぼ10年前に出版された書で、著者のイギリスでの滞在経験をもとに書き下ろされたものである。著者は、出版時点での日本の現実をイギリス社会と重ね合わせ、日本社会でも社会階級が固定化してきているのではないかとの考察を加えている。この新たに階級制度が固定化されつつある社会を称して「…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

書籍「スウェーデンはなぜ強いのか」「日本はスウェーデンになるべきか」 民主党が目指した日本の将来像

書籍「スウェーデンはなぜ強いのか」「日本はスウェーデンになるべきか」 スウェーデンはなぜ強いのか 北岡孝義(2010、PHP新書) 日本はスウェーデンになるべきか 高岡望(2011、PHP新書) スウェーデンは、民主党が日本のあるべき姿としてきた国であり、年金改革案はこの国の制度を参考にしてきたと言われている。税金は高いが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

プロメーテウスが人類にもたらした炎は目に見えない原子力の火へと変化し、日本人は炎を直に見なくなった

                        プロメーテウス(Wikipedia)より 人類は火が使えるようになったので文明を築き上げることができた。人類の長い歴史において、火ほど人類に恩恵を与え続けたものはない。そして、その火は目に見える火、目の前で揺らめく炎であった。 日本でも、50年くらい前にはまだ揺らめく炎…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

パワーハラスメント 「指導」と「いじめ」の境界は? 障壁を取り去り相互理解することが第一歩では!

パワハラはここ10年くらいで出てきた言葉ではないだろうか。パワーハラスメントの略である。 パワーハラスメント(Wikipedia)によると、 組織における権力(パワー)をかさにきての嫌がらせという意味の用語である。日本語として定着したセクハラから作られた和製用語である。会社などで、職権などの権力や地位、人間関係を背景にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エネルギー問題についての一考察 自然エネルギーには即効性なし マイクロ発電機を各所に配置が正解では?

福島第一原発の事故以来、日本のエネルギー状況が逼迫している。その大きな原因は、日本全国の原子力発電所の大部分が停止状態となったためだ。 まず、原子力発電所が再稼働するかということであるが、これは民意で決まるものと思っている。国と電力会社の癒着、そして電力会社のバラマキ政策とその結末を日本の国民はいやというほど知ることとなった。この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書籍「ゆとり教育世代の恐怖」 褒められて育ったので叱責に弱い 「精神レベル」が低い?と言われているが

書籍「ゆとり教育世代の恐怖」 柘植智幸 (2008、PHPペーパーバックス) 文部科学省が「ゆとり教育」で目指したものは、そのホームページより明らかである。 「これからの時代に求められる学力とは?」(文部科学省)  知識・技能に加え、学ぶ意欲や、自分で課題を見つけ、自ら学び、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決す…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

博士号取得における指導教官の役割は非常に重要 学生がキツネで教官が「トラ」の、持ちつ持たれつの関係 

博士号の取得においては、分野によってもその取得の困難さが違う。たとえば、医学博士は取りやすいが文学博士を取得するのはかなり難しいといった具合である。 同じ分野を選んだ時には、指導教官やその教室の文化や業績が博士号の取得のしやすさに関係してくる場合が多い。学会で権威のある先生についた場合には、テーマにも恵まれ学会発表の機会も増えて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wikipedia記事は常時査読され、いつも最新情報に 北浜流一郎は株式評論家か? 株式評論屋か? 

英語でStatesmanと言えば政治家、Politicianといえば政治屋のことらしい。日本語で言ってしまえば、何となく近いようなイメージを受けてしまうが、その意味には天地の差がある。試しに国語辞典で意味を調べてみると、 政治家 1 政治を職業とし、専門的にこれに携わる人。議会の議員をさしていうことが多い。 2 もめごとの調整…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

書籍「ユダヤ人国際弁護士が教える天才頭脳のつくり方」 自分の頭で考える人材を育成することこそ真の教育

ユダヤ人国際弁護士が教える天才頭脳のつくり方 石角完爾 (2009、朝日新聞出版) 著者の石角氏は日本人でありながら、ユダヤ教に転向した数少ない日本人である。仕事の舞台はアメリカ。そのため、日本とアメリカ、ユダヤにおける教育の違いに熟知している。 ユダヤ式の勉強法は、①何事にも「疑問」を持ち、「問い」を設定する能力を身につけ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

あなたのお子さんは、逸見愛の愛犬ポシェと同じように言うことをまったく聞かなくなってはいませんか?

昨日(1月15日)夕方の7時よりの「サ!鉄腕!DASH!」で、逸見愛とその愛犬ポシェが登場した。ポシェは飼い主の言うことを全くきこうとしない。そこで、逸見がポシェに向かってなぜ私の言うことが聞けないのよと、ヒステリックに大声を上げるところから番組が始まる。 逸見のいうことをきかなければポシェは常に怒られているわけだが、なんで怒られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書籍「巨大企業に勝つ5つの法則」 小が大を打ち負かす 一見不可能が可能に思えてくる不思議な書

巨大企業に勝つ5つの法則 玉田俊平太、古庄 宏臣(2010、日経プレミアムシリーズ) 企業組織が大きくなってくると、意思決定の小回りが効かなくなること、安全性重視のあまり新しいことへの挑戦がなされなくなる傾向にあること、組織が細分化される結果として事業が起こすのに総合的な力が発揮できなくなること、さらにその意思決定にはイノベーター…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

宗教を信じる心・信じたい心 若者はなぜ宗教を信じるのか? オウム真理教の平田信容疑者の場合は??

宗教というものは難しいものである。その実態が見えるようで見えない。神を中心に宗教の世界は動いていると一般には信じられているが、世界を見渡しても、日本に住んでも、触れることのできる宗教や聞き伝えにより知ることのできる宗教はどうも非常に属人的な要素があるように感じられる。 宗教の中心に据えられるのは、超人間的な事象であることが多い。例…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more