テーマ:震災

なぜ静岡のお茶は放射能汚染を受けたか? 上空を流れる気流の不思議?? 東向きに流れる偏西風のはず! 

静岡のお茶から高い濃度で放射性セシウムが検出された。原発から北西方向が高い放射能汚染を受けているとの人市区であったが、なぜ南西方向の静岡で汚染が起こっているのか? 産地の方々もびっくりの事実である。 忍びよる放射能汚染--足柄茶 こんなに離れていても何故・・・。の解説によると 高く吹き上げられた放射能は、風である程度流され暫…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東北の地震は収まったか 気象庁のデータベースより震度4以上のデータを拾い出してみたところ・・・

気象庁のデータベースより震度4以上を記録した地震を拾い出した。すべてがすべて東北のものではないが、傾向は見て取れる。 これによると、3月が131回、4月が64回、そして5月が12回と減少傾向にあるが、6月は本日時点で8回と、まだこれで収まるとは言い難い状況である。大きな地震には余震はつきものであるが、まだ収まることのない揺れより、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

キンボールを御存知ですか? 宝塚で開催予定の国際試合がEU勢の放射能への恐怖により中止となりました!

キンボール(Wikipedia)、この聞きなれない名前のスポーツ人口は多いようだ。その世界大会が兵庫県の宝塚市で開催される予定であったが、ヨーロッパから参加予定7国のうちの6国が辞退したじょとにより中止になったというニュースである。 ヨーロッパ勢で唯一辞退しなかったのはデンマーク。それに対して東南アジアの国々は参加の意向であった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大地震の予言が世界で相次ぐ がすべてから騒ぎに! 一方、イタリアでは地震は来ないといった学者を起訴!

地震とは、今回の大震災を例にとってもその予測は非常に難しいものである。過去は(ひょっとすると現在も)ナマズの行動から予知が始まり、その後、多くの頭脳と長い時間がこの予知に充てられてきた。しかし、ご存じのとおりその予測は難しい。地震には定かではないがおおよその周期があり、もうそろそろか?、というのが一番確かかもしれないが、きょうなのか30…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東京電力社長に企画畑の常務取締役が昇進 またもや文科系の社長が! 理科系人間は社長になれないのか?

東京電力のように、安定化?? 官僚化? した会社の社長はやはり文科系出身者となるのか。今回の事故の原因は経営トップの原子力に対する理解が至らなかった人災の要素も強いと考えられるのだが!? ・・・・ 毎日jp 5月21日 東京電力:新社長に西沢氏 政官界とパイプ重視 勝俣会長主導の体制温存  東京電力の清水正孝社長の…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

仙台平野は1000年に一度大津波に襲われる とすると原子力発電所が大津波にあう確率は何%?

自然の驚異は人間の考えの及ばないところにある!? 過去の地震の歴史を有史以前にまでさかのぼって調査し?、安全性を見越して建設したはずの原子力発電所が3月11日の震災であえなく破壊されたのはまさにこれである。 しかし、物事というのは、あるいは事実というのは、実は身近にあるものである。探し求めても見つからなかったものが実は手元に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電はなぜ株式会社として存続し続けるのか? 政府はそのためならばいかなる手立てをも講じるのか?

経済原則を逸脱した政府の決定である。株式会社である限りは、起こった事象については責任を取るというのが自由主義経済の大原則である。株式会社はそのままに、政府が東電に資金をつぎ込むために銀行や他の(健全な)電力会社に圧力をかけているというのは、非常に不思議な光景である。 中小企業はもとより、一部上場の企業であっても、自社に非があれば倒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やはり核燃料はメルトダウンしていたか!! ひた隠しの日本の現状と、中国の転ばぬ先の情報公開

福島の第一原発1号機において、やはり燃料棒外管であるジルコニウム管が溶融して崩れ、中のウランペレットが原子炉容器下部(下図参照)にたまっていることが判明した。このことは、すでに4月の初めにはささやかれ(出所は秘匿)、たまったペレットの内部はきっと2千数百度になっているに違いないと言われていた。 図の左側、原子炉圧力容器の下部にはそ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

100ミリシーベルトの被ばくを受けた原発作業従事者は5年間は働けない! 失業補償は? 交代要員は?

福島では農業者や漁業者にたいする補償の問題が発生しているが、原発作業従事者はどうなるのか。一時的には約7万人ともいわれる全国の原子力従事者が福島への動員の可能性があるが、放射線量の高い現場で、5年間に許容される100シーベルトを超えた場合には、その時点から5年間、作業にはつけなくなる。 これは、国側にも作業もする側にとっても、想定…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

天変地異の大きさは正規分布ではなくベキ分布に従う ベキ分布は今日に言うロングテールである

4月23日の日本経済新聞記事「リスクと「ベキ分布」」の要点は次の通りだ。 リスクを適切に評価するには、対象となる現象を確率的な事象として考え、何らかの確率分布を「想定」する必要がある。想定外とはその想定に問題があったことである。 社会現象のリスクに関しては、「正規分布」では計り知れないと、フラクタルの創始者である数学者マンデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いいアイデアが浮かんだ! 高濃度放射性物質は日本海溝に沈める! 問題解決なれど誰が許可する?

低濃度放射性物質を含んだ水を福島原発から放流したことにより、日本は海外からの批判にさらされている。この海流がすぐには届かないと考えられる韓国でも大問題視され、もちろんロシアからも非難されている。海流の表層に廃棄した放射性廃棄物は海流に乗って、やがて世界中に広がる。 そこで、日本海溝に放射性物質を捨ててはいかがかというアイデアである…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

日本の原発 天災+人災?  中国の薬漬け豚 これは人災  他人の命の尊さを深く考えるとき

原発発、放射能物質がいよいよ海洋を汚染し、その影響は海産物に及んでいることが明らかになった。原発周辺では高い濃度の放射能が魚介類に及ぼす影響は長期にわたって続くものと考えられる。海産物を常食とする日本人にとってはその影響を看過することはできない。カロリー自給率が40%と低い日本において、魚介類の供給が制限されることは大きな問題である。ま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

福島原発1号機 東電と政府による対応は後手後手に回ってきた 誰が先々のリスクを考えているか??

今原発には多くの人員が投入されてきてはいるが、その状況は日に日に悪化の一途をたどっているようにしか私には見えない。そんな中で、原発から40km地点の土壌が避難勧告値の倍の放射線に汚染されているといったニュースも流れ、それに対して、政府は人の健康に害を与えるのは空気中の放射線であるから、その放射線強度は避難規定値のまだ半分であるといってい…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

福島原発を襲った地震の大きさは想定外 これは正しい。 だが、津波の大きさは想定外 これは全くの間違い

東電の会長が福島原発1~4号機の廃炉を明言した。また、東電だけで今回の賠償は到底無理であるので、結局は国に肩代わりしてもらう必要があるのではとも述べた。 東電や国のによると、今回の地震は想定を超えた規模であり、不可抗力であるとの共通見解であるが、福島原発に致命的な一撃を与えたのは地震ではなくて、津波であったことは衆目の認めるところ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

原発から5kmの地点で見つかった遺体の収容作業を断念 土地はすでに放射能で汚染されているか?

今回の震災で亡くなられた方が原発から20km以内にまだ多くいらっしゃるかもしれない。原発から5kmのところで亡くなられた方が見つかったというニュースである。この区域は放射能汚染の可能性があるので、ずっと立ち入りが禁止が続いている。肉親を捜したくても探せない家族の無念は計り知れないものがある。 そしてもう一つ。遺体の放射線量が多くて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態の「東電の社長不在」は政府に責任のすべてを預けたことになるか 企業責任の重さはどこに? 

東電の社長が公の場に全く姿を見せない理由が初めて明らかにされた。通常であれば、陣頭指揮にあたるべき社長である。企業存続の危機にあるときにその重責が全うできないとなると、その職責と権限を誰かに移譲し、委譲した旨を政府なり国民に誠意を持って説明すべきであったと思うが、このような形で新聞に報道されたのは残念である。 「ごめんなさい」とい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日経ビジネスの記事「今の放射線は本当に危険レベルか、ズバリ解説しよう」 は説得力あり 有用です

有用な、私たちが本当に知りたい情報が掲載されていましたので、ポイントを抜粋させていただきました。原文は長文で、さらに多くの知見が入っていますので、ご覧になってください。 真に注意すべきはヨウ素131。 ヨウ素以外の放射性元素での発症例はない。 半減期が30年と長いセシウムなどの放射性元素で土壌が汚染されることは問題。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本技術士会より「東北関東各地の環境放射能測定情報について」というお役立ち情報サイトあり 

日本技術士会原子力・放射線部会が「東北関東各地の環境放射能測定情報について」というサイトを立ち上げています。何かのお役にたてればと、アドレスと、その前書きをこのブログに転記いたしました。 内容はこのアドレスに http://www.engineer.or.jp/dept/nucrad/open/index.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の原発事故をオーストリア気象当局がチェルノブイリ事故と比較した! その程度は・・・

今回の福島第一原子力発電所から飛散した放射性物質の量の算定がオーストリアの機関によってなされました。一つの推算ではありますが、チェルノブイリ事故との比較がなされるとは、その程度は相当なものとの印象を持たざるを得なくなります。 今回の放射性物質の影響は首都圏にも及んでいます。下に示した書籍の内容に少しばかり近づいているのかもしれませ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

原発事故に関する情報は、適切な時期に的確に伝えられているか? 先が見える情報となっているか?

福島県より自主的に県外に退避する動きが続いている。見えない敵を単純に恐れているという面もあるが、そこには政府から毎日のように発信される「放射能汚染」の情報を信じてもよいのか?という、根本的な不安が含まれているように思う。 3月11日の地震直後の政府の発表は、原発で何らかの異常が起こっているが、大したことにはならないようである。ただ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

世界から多くの救助 日本は必ず復活できる、復活しなければ 心ある若者が多くいることもわかった

このたびの震災、地震発生直後から世界各国の多くの支援を受けています。多くの国から救援隊が入りました。また多くの国では、募金活動を行ってくれています。 平常時には国家間で意見の対立や経済的な摩擦があり、それらが表面化して国家間に外交問題が発生することも多くありますが、何か事があるときにはそれらのこととは関係なく、国際間でこのような援…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

福島の事故原発は欠陥商品??  その事故の姿はGE技術者により予言されていた? 

製品開発に携わる技術者は、その製品を完璧なものとして仕上げたいと考え、あらんかぎりの情熱をそれに傾ける。これは古今東西を問わず、真実である。 一方、経営者は良い製品を世に送り出したいと考えるが、そこに儲けという経営責任が大きくのしかかる。いまでこそ、製造物責任という概念が広く認められているが、福島の原発ができたころにはそのような一…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

原子力発電所の事故 その影響はじわりじわりと生活に影響を及ぼしている 政府の打つ手は??

時間がたつにつれて、今回の地震の力がいかに大きなものであったかが明らかとなってまいりました。東北地方太平 洋沖地震で被災された方々に、衷心よりお見舞いを申し上げます。また、犠牲になられた方々、ご遺族の皆様には深く哀悼の意を表します。 さて、次の文書は、本ブログに3月12日に投稿いたしたものです。気がかりになっていた福島第一原子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more