テーマ:中国

中国では優先座席に座れない老人が実力行使 文化国家への過渡期にある中国の姿がここにも

日本の列車にある優先席(元シルバーシート)は、お年寄りや妊婦、体の不自由な人たちを優先的に座らせるのが常識になっている。最近はハイカラにpriority seat(優先席)と書いてあることも多い。 日本では、混雑時にはお年寄り(70歳以上?)にかなりの割合で席を譲っているように感じられる。わたしも、優先席があいていてもめったなこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロジェクト・パンダ??? パンダ守護使・・・1ヶ月間パンダと生活を共にする6人を募集 日本人も選出

「パンダ守護使」で検索するとWeb上で関連情報が見出せます。今12名まで絞り込まれ、9月23日にいよいよ決勝戦とあります。これで6名が選出されることになるようです。12人に国籍の重なりはなく、日本人女性も1名含まれています。 興味をもたれた方は下記アドレスより。 プロジェクト・パンダ http://www.pand…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

動物の価格 パンダの5000万円/年/頭のリース料はやはり高額か シーラカンスは3億円(買い取り)と

ネットで動物の価格を調べた。すべて調査できたわけではないが、目につくものとしては以下の通り。 高いものでシーラカンスの3億円となっているが、すべての動物は買い取りであるので、中国の貸し出し方式は動物に関する事業としては特殊である。中国はパンダをリースという形で国外に貸し出しているので、パンダを国家戦略物資として扱っていることがよく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸・王子動物園でパンダが死亡 その中国への賠償金4200万円は高いか?安いか?

パンダの中国からのレンタル料はつがいで年間1億円、1頭あたり5000万円となる。パンダの寿命は長くて25年程度、寿命20年としても中国に多額のレンタル料が入ることになる。 通常のレンタル品であると、そのレンタル品が壊れたときには、その原因にもよるが、多くの場合には契約によりレンタル元が修理するか新しい機械に置き換える。パンダは生き…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

曹操の墓は偽物? 電気のこぎりが使用された跡があるとされ! 中国の偽物はスケールが違う?

曹操の墓が見つかり、これで曹操・孫権・劉備のすべての墓の位置が確定された?  これは昨年12月のブログですが、おまけに付けた?がまだ?のままなのですね。再びこの墓の真贋をめぐっての論争が起こっています。 ニュースの元は中国ニュース通信社8月21日付 「曹操の墓はニセモノ!」、画像石から電動ノコギリ跡 =専門家が指摘―中…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ペーパーレス社会と「トイレットペーパーの危機」 これはブラックユーモアではなく、現実である

米国でトイレットペーパーの紙質が悪くなっているというニュースである。その原因は、中国が米国内のリサイクル用紙資源を持ち帰ってしまうためである。 日本の古紙が中国に高い値段で引き取られたとのニュースが流れ、危機感が増したのはもうかなり前のことであったと思うが、最近ではそのようなニュースは聞くことが無くなった。中国が日本の古紙を輸入し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつまで続く中国の好景気 輸出減! 高失業率! 創られたバブル? 壊れるとチャイナシンドローム発生!

中国は目下、上海万博で大いに盛り上がっているところではあるが、その足もとには危険が迫っているとの警鐘記事である。 もう何年も前から、中国の景気はオリンピックが済み、万博が終わるまでは大丈夫と言われ続けてきたが、その万博終了までの期間はあと6ヵ月となった。 上海などはバブル景気に湧き、富裕層と中間層の人口が際立って増えてきたよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国人に関する書籍 この2冊が面白そうだ 中国人は利己的とは言わないが個人主義と考えれば理解できるか

上海万博で盛り上がりを見せる中国であるが、中国の隠れた一面を垣間見ることのできる書籍を2冊示します。 下の書籍をクリックして、書評を読んでみてください。中国人についての理解が多少なりとも深まると思います。 中国人の世界乗っ取り計画 国への帰属意識の薄い中国人の行動様式を赤裸々に記している。        …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こどもの日 端午の節句 そして「こいのぼり」 「男の子」だけの祝いとするのは男女差別か男女区別か?

こどもの日である。健やかなる子供の成長を願い、子供や(大人にとっても)祝日となるからうれしい一日である。 正月のお年玉、クリスマスのプレゼントなどは定式化しているが、こどもの日のプレゼントはまだ定着していない。しかし、シックスポケットより、男の子にはおもちゃ?を、女の子にもおもちゃ?を。こどもの日のこどもが、男の子も女の子も、どち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫県姫路に新名所 白鳥城 現る  その迫力は姫路城に迫る 一度遊びにいらっしゃいませんか?

姫路といえば姫路城。別の名前を白鷺城という。白鷺とはシラサギのことで、シラサギ城といえば姫路城の代名詞ともなる。一方、日本国内には黒鷺城と呼ばれる城が複数ある。 さて、今回のお話は、白鷺城ならぬ白鳥城である。 姫路にはラスト・サムライのロケ地として有名になった書写山があるが、その西の麓に太陽公園がある(Wikipedia記事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風車発電の世界でも技術革新が! 一気に発電能力が2~5倍に

今回、ニュースで取り上げられた風車は次のような形をしている。大型風車では3枚羽のプロペラが回っているが、その外側にプロペラを取り囲む覆いが取り付けられている。 5kW機の風レンズ風車 風車の理論はすでに研究されつくしていると考えられるが、どんな研究でも、これが最後ということはなく、研究により次から次へと新しい発見がある。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

宇宙ゴミ(Space Debris)と人工衛星の衝突確率は非常に大きい ほんと?

2月10日(日本時間11日)に、高度800kmで起こったロシアの軍事衛星と米国の通信衛星の衝突によって生じた宇宙ゴミが、ハッブル宇宙望遠鏡の修理に影響を与えるのではないかと懸念されている。ハッブル宇宙望遠鏡は高度600kmと衝突が起こった高度よりも200km下を巡回しているのだが。 NASAによると10cm以上の大きさの宇宙ゴミは…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

価値あるものの見分け方は? やはりのめり込み、愛情を注ぎ、騙され続けて会得するものか?

日本経済新聞に面白いコラムが載っていた。画家の安野光男さんの文章だ。 まず、孫と遊ぶ姿がほほえましく描かれている。何度も何度もチャンバラごっこで孫に殺され、死ぬと同時に孫から死なないでくれと懇願される。居ながらにして生と死を繰り返す孫とに時間。お孫さんをいとおしく思っていらっしゃる様子がひしひしと伝わってくる。 その次がある…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国は農産物の残留農薬対策(ポジティブリスト対策)に前向きに対応か?

 中国から日本向けに輸出される農産物の残留農薬を、検疫の基準体系を設けてその検査を強化して行く旨のニュースです。世界で使用される農薬は700種類余りですが、その中で農産物への付着が検査されるものは、各自治体ごとに定めた数十~300種程度に限られていました(ネガティブリスト制)。定めた農薬以外は、定めがないので結局は分析検査をせず、野放し…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

無錫市太湖、50年ぶりの最低水位で飲料水不足に緊急対策(2007.6.1、日中経済通信)   (伝右

 太湖は中国の大湖でその北端に無錫市が位置する。太湖の平均水位は1.8mと言われており、僅かの水位の低下が水質に大きな影響を与えることは容易に推測できる。どの程度の水位の低下かは報道記事からはわからなかったが、水道水はかび臭くて飲めたものではないそうだ。(以上、伝右) http://www.newschina.jp/news/ca…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本で撤退を余儀なくされたカルフール 中国で快進撃

 カルフールは日本人にとってまだ記憶に新しい店である。大きな店舗に広い通路、山積みの商品。大きなカートを押して商品を集め、清算する。きっとこの方式が日本人とミスマッチであったのではないかと想像している。 日本人の好みは店内のよどんだ流動線にそって何か目新しいものがないかを探索するスタイルであろう。特徴あるもの、価値あるもの、他の人…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国の一人っ子政策は30周年を迎える  日本も少子化で人口減少中

 中国の一人っ子政策が始まってから30年が経過した。最近、都市部で一部複数の子どもを持つことが認められるようになってきたようであるが、基本的にはこの政策は継続している。この影響を受け、これから中国は急速に高齢化社会に向かうことになる。そのようなニュアンスを含んだニュースである。江蘇省(人口7400万人、2001年の古い統計であるが)では…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国の鉄道   高速化に向かって弾丸のごとくにまっしぐら

 昨日(2月26日)の日経新聞のトップ記事に、中国の高速鉄道網・日本に技術支援打診と出ていた。中国・日本海側北部のハルピン-大連間の新幹線計画についての要請である。この区間は冬ともなればマイナス40℃となり、このような厳寒下でも高速安全走行ができる車両や運行の技術がその対象である。実際にはマイナス50℃まで保証できる技術が必要となるが、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画 「墨攻」を観る   全体をつらぬく主題は兼愛と非攻

 紀元前は370年頃の中国戦国時代の話。趙と燕の国境にある小さな梁城は危機に瀕していた。全住民わずか4000人に対して10万人の趙軍が押し寄せたからたまらない。梁城城主は墨攻(ぼっこう)の助けを借りるべく伝令を出すが、その墨攻は一向に来ない。あわや合戦の火蓋が落とされんとするときに身なりの貧しい男がたった一人で現れる。これが墨攻であった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京市が50年ぶりの干ばつで節水計画を実施に   オリンピックには問題ないと

 北京市は1500万人の人口(2004年12月末)を有しているが、干ばつの影響で水不足が懸念されている。黄河の水も枯渇してきているので、第11次5カ年計画(2006~2010年)で節水計画が打ち出された。以下、その内容を中国のニュースより引用した。 北京週報(2007.1.29) http://www.pekinshuho.…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

三峡ダム(中国)の発電所  2006年の発電量 日本の全発電量の5%を達成

 日本の発電量が火力発電、水力発電、原子力発電などをあわせて約10000億キロワット時なのに対し、現在三峡ダムでの発電量が約500億キロワット時と、日本の発電量の約5%に達した。計画ではこの三峡ダム発電所だけで年間の発電量が3000億キロワット時と、日本の総発電量の約30%に達する。いかに大きな発電能力を持った発電所かがわかる。なお、中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の故事   千里の馬は常にあれども、伯楽は常にはあらず

 中国の故事です。伯楽は孫陽のことで、秦の穆公(ぼくこう、在位BC659~621)に使えた馬の鑑定家です。  ・千里の馬は常にあれども    世の中に素晴らしい馬はいるのだけれども  ・伯楽は常にはあらず      その馬の素晴らしさが分からずに世に出してあげられる人は少ない  見出してくれる人がいなかったら、すで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

西電東送  中国東部沿岸地域の電力不足を解消へ

 東部沿岸地域(広東、上海、江蘇、浙江、北京、天津、唐山(河北)地区)の電力不足を解消するための大プロジェクトであり、総事業費は1000億元以上といわれる。2000年に採択された第10次5カ年計画の重要プロジェクトである。西部(貴州、雲南、広西、四川、内蒙古、山西、陝西)に豊富に存在する水、石炭資源を利用して水力・火力により発電するので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西気東輸   中国、西端の天然ガスをパイプラインで上海まで運ぶ

 中国のエネルギー需要の伸びは非常に大きい。下表は中国石油が推定した中国における天然ガスの需要と生産・輸入見込みである。2005年でバランスしているが、その後は輸入に頼らざるを得ない(単位は10億m3)。 年2000200520102015需要25.764.5112.1185.0国内生産26.561.474.790.8パイプライン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

南水北調  中国北部は水が不足  揚子江より黄河へ水を送る

 中国北部は異常な水不足となっている。北京で地下水を得るには井戸を1000mの深さまで掘り進める必要がある。黄河は最近では断流で有名となってしまった。これは、河川が途中でその流れが滞り、河口まで水が流れて行かないことを言う。健康な生活を送るためには、50リットル/日/人の水が必要とされるが、黄河流域ではこの量が非常に厳しい状況となってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国で個人のお墓をほとんど見ない訳

 1956年に毛沢東により火葬奨励の方針が打ち出され、都市部では火葬の割合が非常に高くなってきているようだ。儒教の影響で先祖を崇拝するお国柄ではあるが、人口密集により土葬では墓を作る土地がなくなってきたと言うのが理由のようだ。  それでも、約10年前には上海の死者の3分の1は蘇州に埋葬されていたそうである。今はどうなっているのか?…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

中国の大運河  皇帝は女を求めて北京よりこの運河を下ったと言うが??

 北京から杭州までの約2500kmを結んでいる運河である。この間は地理的には平原が続き、この大運河からは多くの小さな運河が枝状に伸びている。鉄道網や道路網が完備されてきてはいるが、この大運河を中心とする運河網は中国の一大物資運搬路となっている。  この大運河は楊堅(文帝)が587年に工事を始め、610年の煬帝で完成した。煬帝自身が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

杭州の民家群  屋上には東京タワーや千成瓢箪が自己主張している

 上海の南西、約100kmのところに杭州市がある。この杭州市は歴史のある町であり、北京とを結ぶ2500kmにも及ぶ大運河の終点でもある。大運河については別途項目を設ける。  さて、杭州市より東側の紹興(紹興酒の紹興)へすこし出たところに、非常に特徴的な民家群が顔を現す。4階建てのビル建築にも見え、その上に小さな矩形が付属している。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の一人っ子政策  そのルールともたらした弊害

 一人っ子政策は1979年の改革開放政策と同時に始まった。この政策が始まってから誕生した子供は約1億人に達し、人口13億人の中国で、かなりの比率になってきている。  現在生まれてくる子供は、その男女比率に大きな問題を有している。2000年に男/女の出生比率が1.10だったのが、2005年には1.18まで上昇して、男児の数が女児の数…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more