テーマ:経営

日本は「変革のプロセス」からまた一歩後退した 将来に起こる問題を皆が知りながら変革できないもどかしさ

下に示した変革プロセスは、ゴーンによる日産自動車の変革を想起させます。底力のある組織は、マネジメントさえしっかりすれば生き返るものです。 それに対してギリシャはどうでしょう。1.の危機意識は半数の国民にはあるようですが、全国民がそうということもないように感じられます。 日本はどうでしょう。本日の民主党分裂ではありませんが、国…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

時節柄、ノーベル財団も火の車 賞金額が8割に減額されるとのこと

1部門あたり約1億1000万円近くあった賞金額が、約8割に減額される。少し前のデータであるが、ノーベル財団の資金の変化を見ていただくことができる。 < 産経ニュース 6月12日 ノーベル賞もリストラ! 賞金2割減に 財団の財政事情で  ノーベル賞の運営団体であるスウェーデンのノーベル財団…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

クロスカップリングの生みの親 あの玉尾皓平先生が日本化学会会長に就任 化学は日本のお家芸

玉尾皓平氏を覚えているだろうか。以前に氏を本ブログで取り上げたことがある。 2010年10月9日ブログ 熊田・玉尾クロスカップリングで知られる理研 基幹研究所 玉尾皓平 所長かのノーベル賞受賞へのコメント その氏が、この度、日本化学会の会長に就任され、「化学は持続可能社会を先導できる。このために化学の果たす役割は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

注目される電気自動車 その急速充電方式の規格で今バトルが起こっている 先行日本!危うし!?

デファクト・スタンダード(事実上の規格)という言葉がある。日本のチャデモはすでに1500台が国内外に設置されているが、欧米の主張する新規格コンポは電気自動車普及の流れを受けて欧州と米国の両者が戦略的に手を組んだ結果生まれたものと考えられる。事実、コンポは2013年に実用化予定となっておりまだ実用化されていない。まだ実体のないものがデファ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

中国の労働者は権利を強く主張する 勝利のためには「仁義なき戦い」も 日本人にもこのパワーが必要だ!

中国は個人主義の国である。ここでいう個人主義とは自分に利があれば良しとする風潮を言っている。すべての中国人がそうだとは決して思わない。ニュースでは極端な一面がクローズアップされ、それが増長されていく傾向もあるだろう。 賄賂が横行する国であるが、今まで腐敗とは関係がなかった中国市民も、自己の権利を強く主張し始めたようである。ますます…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

粉飾と合法の狭間 ここで見解の相違が生み出され、企業が誤算という運命に翻弄されることになるのだが・・

税金をごまかしたいから粉飾する。あるいは、利益が出ているように見せかけるために粉飾する。企業にとって粉飾は絶対にあってはならないことであるが、毎年多くの企業がこの粉飾の罠に落ちる。 粉飾(Wikipedia) 粉飾(ふんしょく)とは、業績悪化などの企業や経営陣にとって都合の悪い情報をおおい隠すため、データを改竄(かい…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

国産ジェット旅客機MRJの完成時期がまた遅れる 巨大プロジェクトと日本人は相容れないのか?

自動車で培った擦り合わせ技術は、航空機には利用できないのか。これはYS-11以降、本格的な航空機を造ったことのない日本の宿命なのか。宇宙産業は多くの苦しみの末に現在がある。この産みの苦しみは、経験を積み上げるに必要な代償であったのか。 日本人は小さな工夫には長けている。また、経験をこつこつと積み上げることにも長けている。しかし、全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2010年が電子書籍元年というが、まだ日本で爆発的普及とならない理由考 普及まであと一歩か!?

電子画面上で文学書や学術書が読めれば素晴らしい。電子書籍であるから検索機能を使って書籍中の必要情報が記載されているページを瞬時にして見つけられる。したがって、必要な情報はすぐに見つかるし、何といってもかさばらない。日本の狭い住宅事情にはもってこいのシステムである。これが普及しないはずはない。 このような理由で、電子書籍は日本の社会…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

イノベーションとは何か? 日本にオペレーションはあるがイノベーションはない? これが日本弱体化の原因

日本経済に閉塞感が漂ってすでに20年を超えるが、状況はだんだん悪くなっている。大学新卒者は就職するに企業なく、丁度石油ショック後の大就職難と状況を同じくしている。一方、国は税収が減り、国債発行を年々の糧を得る手段とすることが常態化した。日本の国もあと数年で破産という声もあちこちから聞こえるようになった。 国が富むためには、国民が売…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パチンコ産業の市場規模は大きい しかし、パチンコホールの売上高は貸玉料であるので実態とは言えない

パチンコ産業は20兆円産業である。国民が1億人とすると平均して1人あたり年間20万円、一家(3人家族)で60万円をパチンコにつぎ込んでいる計算となる。これは実態からかけ離れた数字であると考えられる。その理由として、パチンコホールの売上高は貸玉料金としているためで、この売上高より返還懸賞金や人件費、そして償却費などを引いて最終的な利益を求…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

民間の無人資材補給船「ドラゴン」が国際宇宙ステーションにドッキング 価格破壊の波が宇宙にも及ぶ

この度、米国の民間ベンチャー企業スペースX社が開発した「ドラゴン」が、資材を積んで国際宇宙ステーションとのドッキングに成功した。先ほど成功した日本のH2Aロケットによる衛星打ち上げ費用は国際水準と比較して3割程度高いと言われている。日本はH2Bを用いて、この7月21日に「こうのとり」による3回目の国際宇宙ステーションへの資材運搬を予定し…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

パワーハラスメント 「指導」と「いじめ」の境界は? 障壁を取り去り相互理解することが第一歩では!

パワハラはここ10年くらいで出てきた言葉ではないだろうか。パワーハラスメントの略である。 パワーハラスメント(Wikipedia)によると、 組織における権力(パワー)をかさにきての嫌がらせという意味の用語である。日本語として定着したセクハラから作られた和製用語である。会社などで、職権などの権力や地位、人間関係を背景にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空気中の水分を飲料水にしようという中国青年のトンデモ発明は、新たな発想によりこの日本でその完成を見た

水のない場所で、手品のように空気から水が取り出せたら、とそんな夢のような話を一度は考えたことはないだろうか。そのような方法があれば、乾燥地方に住む人にとっては朗報である。井戸が枯れてしまったために、子供が数キロメートルの道を往復してたった瓶一杯の水を得ている姿がテレビで放送されることがあるが、こんな苦労を取り除いてやれる可能性がある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国 模倣品大国から知財大国へ戦略転換 外資企業で高まる訴訟リスク すでに日本企業の敗訴例も!

本記事の出所(メインソース)は週間ダイヤモンド1月21日号である。 記事からの引用 中国は2009年10月に特許法を改正した。この特許法は、日本で言えば特許法、実用新案法、意匠法に相当する。2010年の実績として、この3者がほぼ同数ずつ出願され、その合計は122万件となっている。これを、2015年には特許75万件、実用新…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

書籍「スパークする思考 右脳発想の独創力」 問題意識を持て! 好奇心旺盛であれ! 一次情報を探せ! 

スパークする思考 右脳発想の独創力 内田和成(2008、角川書店) エジソンは「1%の発想(inspiration)と99%の汗(perspiration)」と言った。これはいろいろな解釈があるが、ともかくは両方が揃わなければ新しい発明が生まれず、また、新しい製品が生まれないことは確かということである。発明や新製品開発においては、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

特許審査も待ち行列 3年目にやっと受け取る審査結果 審査官は当業者としての実力ありやと疑うことしきり

特許の重要性を理解している人は多い。特許を取得できればその製品や技術を独占して業を営むことができる、というのがその理由である。 ある製品や技術について、特許を出願してからそれが特許として認められるまでには、非常に大雑把に言って次のステップが必要である。①まずは出願する。権利としたい部分を文書とし、特許庁に提出する。出願特許が権利と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンサルタントとしての技術士と中小企業診断士 どのような人たちで一体何ができるのか?

日本の景気が低迷している中、どの企業もこの低迷より抜け出すべく努力を重ねている。今まで培ってきた技術やノウハウを活かして新製品を開発する会社、その製品をブランドとして海外進出を図る会社や、親会社の海外シフトにより日本では生き残れないと海外まで付い行くく会社など、実に様々である。 だが、一つ言えることは、日本にとどまるにしても、海外…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

まだマイナスイオンの効果が信じられないでいるこの私は、疑りぶかいのか?理解力が不足しているのか?

このブログから今回の話は始まった。 科学に似て科学でないもの これを人は疑似科学、あるいは似非科学と呼ぶ その正体は何か? 疑似科学の分類は次のとおりである。    第1種疑似科学 占い系、超能力・超科学系、宗教系    第2種疑似科学 科学を援用・乱用・誤用・悪用    第3種疑似科学 「複雑系であるが故…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

書籍「利益を3倍にするたった5つの方法」 小売業者必見の書 当たり前のことを当たり前にやる難しさ

「利益を3倍にするたった5つの方法」 大久保恒夫 (2007、ビジネス社) 本書は成城石井の社長でもあり、またコンサルタントでもある著者が、社長の目とコンサルの目で見、経験を積んだ結果到達した、小売業の売上と利益を向上させる方法である。5つの方法は次のとおり、言われてみれば当たり前に見えるが、一朝一夕で実行できるものではない。この…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

書籍「巨大企業に勝つ5つの法則」 小が大を打ち負かす 一見不可能が可能に思えてくる不思議な書

巨大企業に勝つ5つの法則 玉田俊平太、古庄 宏臣(2010、日経プレミアムシリーズ) 企業組織が大きくなってくると、意思決定の小回りが効かなくなること、安全性重視のあまり新しいことへの挑戦がなされなくなる傾向にあること、組織が細分化される結果として事業が起こすのに総合的な力が発揮できなくなること、さらにその意思決定にはイノベーター…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ガラパゴスがガラパゴスで有り続けるのは、そこに真似をする魅力がないから 魅力があれば世界に展開

日本の技術はよく「ガラパゴス」であると言われる。このような名前が付いた携帯端末もある。 私は、ガラパゴスが悪いことだとは思わない。進化論には、木村資生が唱えた中立進化説というものもある。それは、変異自体は生物にとって有利でも不利でもなく中立的なものが多いが、それが遺伝的浮動によって偶然広まることで進化が起こるとするものである。新製…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本が世界よりクールと言われることが、大学新卒者の雇用を確保し、日本人に自信を取り戻させることになる

日本が発展していく方法、言葉を変えれば、世界の中で日本がその存在感を示していく方法とは何かを考えている。 日本はまだ長いトンネルを抜けきれていない。いつ抜け出すことができるかもわからない。五里霧中という言葉があるが、これは「五里にもわたる深い霧の中に居る、方角が分からなくなってしまうこと」という意味である。日本の状況はこの言葉より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松下幸之助の「学ぶ心」 学ぶ心さえあれば、万物すべてこれわが師である。 この境地にまで達するには?

PHP新書の栞に発見がある。 松下幸之助の「学ぶ心」   学ぶ心さえあれば、万物すべてこれわが師である。   語らぬ石、流れる雲、つまりはこの広い宇宙、   この人間の長い歴史、   どんなに小さいことにでも、   どんなに古いことにでも、   宇宙の摂理、自然の法則がひそかに   脈づいているのである。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「食べログ」やらせ騒動でランキング操作をすることに違法性はあるのか?

昨日より、カカクコムが運営する飲食店の口コミサイト「食べログ」に情報操作があったのではないかとの報道がなされている。この報道によるとカカクコムが特定しているだけで39の業者?が飲食店に好意的な書き込みをして、その好感度ランキングを上げ、ランキングの上がった店には業者が見返り金を要求しているとのことである。 さて、ここで指摘されてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

技術士第一次試験の合格率は29% 第二次試験の合格率は11% その難関に挑戦する意味はどこに!?

技術士とは国が認定する技術者唯一の資格に位置付けられ、その試験に合格するには豊富な知識と高い専門性、そして問題解決能力が必要とされる。したがって、この試験にチャレンジするのは、技術者の中でもその道で多くの経験を積み重ね、その過程で業務上の多くの問題を解決してきた人である。 この3月に発表された昨年度試験の結果発表では、その合格率は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

遅ればせながら映画「もしドラ」を見た 映画館は小学生中学生の女の子ばかりで、おじさんは浮かび上がった

「もしドラ」は少し前に書籍などで大ブレークしたストーリーである。ある少女が万年負け続けている野球部に、ドラッカー式経営術を持ち込んで、県大会で優勝にまで導くという物語である。ドラッカーの経営原則を紹介しながら、そこに登場する人物の思惑と人間関係を盛り込んだ青春ドラマに仕上げてある。 ドラッカーはあまりにも有名な経営学の神様である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日産自動車の役員報酬は一人平均1億9000万円 ただし、カルロス・ゴーン氏分を差し引くと・・・・

日産自動車の純利益は3192億円。この利益を生み出すのに貢献した役員一人あたりの報酬が平均で1億9000面円弱。日本の基準からすればびっくりするような金額であるが、外資系の会社としては責任と権限において、会社での地位(役割)にたいする報酬であるから、決して不思議な金額ではないのであろう。多くの日本人も、まずは外資系の会社だからと思い、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

産業用ガス取扱会社に課徴金141億円 弱みに付け込む商売に報い 過去5番目の高額と!

産業用ガス各社はいずれも順調に利益を出しているが、その利益の一部はカルテルに支えられていたという話である。 大手4社、大陽日酸、日本エア・リキード、エア・ウォーター、岩谷産業とこの業界の大御所が名前を連ねる。岩谷産業を除いては、いずれの会社も大きな賠償額となっている。カルテルによる独占禁止法違反は、どこからともなく情報が流れ発覚す…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東京電力社長に企画畑の常務取締役が昇進 またもや文科系の社長が! 理科系人間は社長になれないのか?

東京電力のように、安定化?? 官僚化? した会社の社長はやはり文科系出身者となるのか。今回の事故の原因は経営トップの原子力に対する理解が至らなかった人災の要素も強いと考えられるのだが!? ・・・・ 毎日jp 5月21日 東京電力:新社長に西沢氏 政官界とパイプ重視 勝俣会長主導の体制温存  東京電力の清水正孝社長の…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

インテグリティ(integrity)を持っているとはどういう状態のことか? 真のリーダーとは?

インテグリティなる難しい言葉がある。日本語ではどう訳せばよいかわからない言葉である。辞書を引くと「誠実{せいじつ}、正直{しょうじき}、高潔{こうけつ}、品位{ひんい}、完全{かんぜん}(な状態{じょうたい})、完全性{かんぜんせい}、全体性」などの訳語が出てくる。 さてそれでは具体的にどういうものか。ここでは抜粋にとどめるが、日…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more