テーマ:経済

鳩山兄弟に母より42億円ずつのお小遣い 相続税も贈与税も税率50%なら早く渡すに越したことはない!

鳩山家の総資産は母、長男、次男を合わせると400億円とも。ブリジストン株の配当で毎年約4億円(配当金額はこちら、税込)が積み上がっていく勘定。 朝日新聞の記事にもあるように、これだけ高額になると相続税率も贈与税率も50%で変わらない。それならば、早く息子たちに渡してしまおうという判断だろう。 ところで、下の週刊新潮の目次に「…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

「夢の扉」 そして「日本を救う夢の遮熱塗料」 追い求めれば夢は必ず実現する、とは正にこれである!

昨日の番組「夢の扉」で放送された日進産業の塗料は優れものだ。非常に薄い塗膜でも、熱を遮断する効果が高い。そのため、打ち上げ時に空気との摩擦熱により加熱されるH2ロケットの先端部分にも用いられている。            「夢の扉」6月17日放送より この塗料には中空のセラミックが多く含有されているとのことである。「…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

合成ダイヤモンドが天然ダイヤモンドを超え、10カラットがすでに合成可能 あなたのダイヤモンドは本物?

神戸新聞に合成ダイヤモンドの話が載っていました。ご存知のとおりダイヤモンドは炭素で出来ています。種ダイヤモンドと単なる炭素を一緒に、高温高圧下で結晶成長させると、なんと10カラッとの綺麗なダイヤモンドが得られるそうです。1カラットは0.2gですから、2gのダイヤモンドとなります。 価格の算定方法は、こちらのサイトのダイヤモンドに関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時節柄、ノーベル財団も火の車 賞金額が8割に減額されるとのこと

1部門あたり約1億1000万円近くあった賞金額が、約8割に減額される。少し前のデータであるが、ノーベル財団の資金の変化を見ていただくことができる。 < 産経ニュース 6月12日 ノーベル賞もリストラ! 賞金2割減に 財団の財政事情で  ノーベル賞の運営団体であるスウェーデンのノーベル財団…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

クロスカップリングの生みの親 あの玉尾皓平先生が日本化学会会長に就任 化学は日本のお家芸

玉尾皓平氏を覚えているだろうか。以前に氏を本ブログで取り上げたことがある。 2010年10月9日ブログ 熊田・玉尾クロスカップリングで知られる理研 基幹研究所 玉尾皓平 所長かのノーベル賞受賞へのコメント その氏が、この度、日本化学会の会長に就任され、「化学は持続可能社会を先導できる。このために化学の果たす役割は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

粉飾と合法の狭間 ここで見解の相違が生み出され、企業が誤算という運命に翻弄されることになるのだが・・

税金をごまかしたいから粉飾する。あるいは、利益が出ているように見せかけるために粉飾する。企業にとって粉飾は絶対にあってはならないことであるが、毎年多くの企業がこの粉飾の罠に落ちる。 粉飾(Wikipedia) 粉飾(ふんしょく)とは、業績悪化などの企業や経営陣にとって都合の悪い情報をおおい隠すため、データを改竄(かい…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日蝕で暗闇となったその次の日にはいよいよ東京スカイツリーがオープン 日本の天岩戸は再び開く!

5月21日(月)朝の金環蝕は九州から関東まで、多くの人が楽しみにしている。住んでいる場所から一生に一度見られるかどうかの大イベントである。日蝕観察用の眼鏡はすでに売り切れ状態である。 さて、5月21日ときいてすぐに連想するのが5月22日(火)の東京スカイツリーのオープンである。なぜ土曜日でないのか?日曜日でないのか?そして、日蝕の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

原子力発電をはじめとする、各種発電方式比較 福島原発の損害額は5.8兆円以上 LNG発電が次期本命か

内閣府の昨年末の報告書からの抜粋である。この報告書によると、今回の福島の損害金額は賠償費用も含めて最低でも5.8兆円。2030年には太陽電池が火力発電に勝る可能性も指摘している。しかしながら、私見であるが、当面は天然ガス(LNG)発電所を増やして対処していくことになるのではないだろうか。 コスト等検証委員会報告書(2011…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エネルギー問題についての一考察 自然エネルギーには即効性なし マイクロ発電機を各所に配置が正解では?

福島第一原発の事故以来、日本のエネルギー状況が逼迫している。その大きな原因は、日本全国の原子力発電所の大部分が停止状態となったためだ。 まず、原子力発電所が再稼働するかということであるが、これは民意で決まるものと思っている。国と電力会社の癒着、そして電力会社のバラマキ政策とその結末を日本の国民はいやというほど知ることとなった。この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wikipedia記事は常時査読され、いつも最新情報に 北浜流一郎は株式評論家か? 株式評論屋か? 

英語でStatesmanと言えば政治家、Politicianといえば政治屋のことらしい。日本語で言ってしまえば、何となく近いようなイメージを受けてしまうが、その意味には天地の差がある。試しに国語辞典で意味を調べてみると、 政治家 1 政治を職業とし、専門的にこれに携わる人。議会の議員をさしていうことが多い。 2 もめごとの調整…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国 模倣品大国から知財大国へ戦略転換 外資企業で高まる訴訟リスク すでに日本企業の敗訴例も!

本記事の出所(メインソース)は週間ダイヤモンド1月21日号である。 記事からの引用 中国は2009年10月に特許法を改正した。この特許法は、日本で言えば特許法、実用新案法、意匠法に相当する。2010年の実績として、この3者がほぼ同数ずつ出願され、その合計は122万件となっている。これを、2015年には特許75万件、実用新…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

コンサルタントとしての技術士と中小企業診断士 どのような人たちで一体何ができるのか?

日本の景気が低迷している中、どの企業もこの低迷より抜け出すべく努力を重ねている。今まで培ってきた技術やノウハウを活かして新製品を開発する会社、その製品をブランドとして海外進出を図る会社や、親会社の海外シフトにより日本では生き残れないと海外まで付い行くく会社など、実に様々である。 だが、一つ言えることは、日本にとどまるにしても、海外…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

日本が世界よりクールと言われることが、大学新卒者の雇用を確保し、日本人に自信を取り戻させることになる

日本が発展していく方法、言葉を変えれば、世界の中で日本がその存在感を示していく方法とは何かを考えている。 日本はまだ長いトンネルを抜けきれていない。いつ抜け出すことができるかもわからない。五里霧中という言葉があるが、これは「五里にもわたる深い霧の中に居る、方角が分からなくなってしまうこと」という意味である。日本の状況はこの言葉より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーストラリアが炭素税をかけることに いずれ日本もこの流れに追随することになるだろう

地球温暖化を防止するために、化石燃料を燃焼させた排気ガスよりCO2を取り出して、地中深く、あるいは深海に閉じ込めようとの検討が日本では国の指導の下に推進されている。それに要する費用はCO21トン当たり現状では6000円程度、国の目標とするところは3000円程度とまだ開が大きい。このCO2 1トン当たり3000円はほとんど達成不可能な数字…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本でも離婚式が流行り始めた 2人別々にこれからの新しい人生を思い描きながらの、最後の共同作業である

一昔前には想像もできなかった離婚式。人生が間違っていると思ったときに、合理的判断で方向修正ができるようになったということか。日本においては一度入学した大学の学部でさえ他の学部への変更はほとんど不可能である。間違った! 別の学部に行くぞ! この時に決断する主体は自分自身であり、当事者は1人である。欧米においては文科系から理科系へ、理科系か…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サイト「起業の教科書 あなたも180日で稼げる起業家になる!」はなぜか不思議なサイト!

内容的にはなかなか興味深い説明がなされたサイトです。企業を目指される人にとっては何かの参考になるのではないでしょうか。 私が興味をもったのは全く別のところです。このサイトを立ち上げるにあたって、だれがどのようにこのサイトの設計をしたかということです。 たしかにこのサイトは日本語で書かれ、日本人を対象に作られているように見受け…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

米粉が日本の食料自給率を改善するか? 米粉は米をすりつぶした20~50ミクロンの微細粉末

米粉でパンが作れるとのニュースを知ってからかなりの年月がたった。その米粉とはどういうものか。そして、日本での自給率を100%満たしている数少ない日本の資源、天からの恵み「米」の将来にはどのような可能性があるか? 「食料自給率向上に向けた米粉食品の開発」 米屋武文(IPEJ Journal Vol.22 No.11(2010))に必要情報…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

トイレ掃除を”する”か”しない”かで世帯年収に90万円の差!? その差の原因は人生に向かい合う姿勢?

タイトルの記事は2月3日付で東京ウォーカーよりこちらに掲載された。その内容は、 20~39歳の男女490人にアンケート調査、ピカピカトイレ派(トイレ掃除をこまめにする)と残念トイレ派(トイレが汚い)で年収に大きな差があることが分かったとのこと。                 個人の平均年収    世帯の平均年収   …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国新幹線の先進国への売込が奏功? 日本の新幹線技術が中国を介して世界標準となる日も近い??

日本の東北新幹線車両「はやて」はかつて中国に輸出された。新幹線E2系電車(Wikipedia)であり、つぎのようになっている。 E2系ベースの車両の中国進出 詳細は「中国高速鉄道CRH2型電車」を参照 2004年、中華人民共和国鉄道部は第6次在来線スピードアップで最高速度200km/hで運用する車両として、フランス…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

がんの重粒子線治療には300万円を要する 生命保険の重粒子線治療を契約する意味はあるか?

日本人のがん(悪性腫瘍)による死亡者数は30万人を超え、その増加の勢いは止まらない(資料はこちら)。 その治療のためには重粒子線治療や陽子線治療が有効とされる。住友生命が重粒子線治療に保険がきく旨のパンフレット(と思われるもの)を配布していたので、下に添付した。これには、重粒子線治療が効果のあること、しかし、その費用が高いことが記…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

少額訴訟制度をうまく使えば日常のトラブルを解決できる! 何かの時にはこの制度の存在を思い出す必要あり

少額訴訟制度というのがある。この制度は金額で60万円以下の金銭につき、支払い請求をするものであるが、少額の金額に関するトラブルは、いつ起こっても不思議ではないので、この制度があることを頭の片隅に置いておくと、いざの時の精神的な支えにはなるであろう。以下、少額訴訟制度の内容につき引用した。 少額訴訟制度(Wikipedia)なる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の競争力はここまで低下しているのか? 国内に市場を形成しなければ企業を立地する意味がない?

日経ビジネスからの引用です。この数字をどこまで信じてよいかはわかりませんが、傾向としては納得感があります。しかし、この数字で、日本の数字が低くなっていることは理解できるとしても、韓国の数字が低く抑えられているのには理解しにくいところがあります。統計自体が2009年と古く、韓国の現在の勢いが反映されていないとも考えられます。 でも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メガミリオンズで157億円的中 ノーベル賞の設立基金200億円に迫る大きな金額

個人でも一瞬にして160億円余りの大金が得られる。これはまさに、あるいみでアメリカンドリームである。これだけの金額になるとその使い道が大切となる。 賞金を引き当てたご夫妻も、やはりひとのために使えることを喜びとする旨の会見をされたようだ。この賞金をもとに基金を立ち上げ、歴史に名を残す方法もある。 ノーベルがノーベル賞…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ノーベル化学賞でパラジウムが重要触媒と伝えられたせいでもないが、パラジウムが9年ぶりの高値に

1989年のパラジウムを用いた常温核融合騒ぎのときにもそんなに上昇しなかったパラジウム価格が、9年ぶりの高値を付け、1トロイオンス(31.103グラム)当たり600ドルを超えたと日本経済新聞が伝えている。 最近の貴金属の高値は、ドルやユーロの価値が下落し、株式も振るわず、仕方なく実体経済に資金が流れた結果である。今回のパラジウムを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知との遭遇 そのとき人々は? 世界初のチューリップ・バブルが発生 球根1個が家1軒以上の価格に

約400年前に世界で初めて起こったとされるバブルである。この当時は、もちろんバブルという言葉もないし、バブルがどんなものであるかを知っている人もいなかった。 オランダと聞けば、一面に咲き誇るチューリップの花が思い浮かぶ。チューリップはオランダの国花である。ちなみに、日本の国家は桜と菊の2つ。 当時も品種改良によりどんどん新種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知との遭遇 そのとき人々は? オイルショックでトイレットペーパーが店頭から消えた!

高度経済成長のさなか、その成長を支える原動力ともいえる石油の価格が急騰した。それによりパニックが起こり、石油製品とはかけ離れた紙製品が高騰したというもの。確かに、紙を製造するときにはエネルギーは使用するが、原料のパルプがなくなるということではないので、作られたか偶然に発生した一過性の騒ぎである。 生活に必需品であるトイレットペーパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の強みは「製品品質」ではなく、「サービス」にありと 鋭い指摘である

日本経済新聞31面の経済教室よりの引用 筆者の関満博一橋大学教授が、ある躍進する中国企業を訪れたとき、ふと見上げると「わが社の目標」が掲げてあった。そこには「ドイツの品質」「中国の価格」「日本のサービス」とあった。世界が称賛していたのは「日本のサービス」なのであった。 この「サービス」は換言すれば、「満足のいく品質」と「適正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

話題の中小企業診断士は価値ある資格か? 診断士が自己申告した年収はそこそこ高額である

中小企業診断士自身が自己申告した年収についての考察である。 さむらい(士)のつく資格は強いとされ、就職が難しい時代背景を映して診断士試験も最近受験者が増えていると聞く。その年収は以前より800万円~1500万円くらいかと聞き及んでいたが、その実態ははっきりとはわからなかった。 今回、平成17年と調査時期は少し古く、まだ今のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーベル賞に一番近い21人が米国調査会社より発表される うち3人が日本人 医学、化学、経済分野

ノーベル賞に一番近い21人が米国の文献データ会社より発表された。日本人が3人含まれている。学術論文の引用回数(など)に基づいて、研究内容の重要度を決定しているらしい。話半分としても、iPS細胞を開発した山中伸弥先生の受賞は必ず近いうちに、ひょっとしたら今年に決定するかもしれない。日本の科学力を世界にアピールする絶好のチャンスとなることが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本国債の発行と消化をめぐる誤解  日本経済新聞9日夕刊の十字路より

記事によると要点は次のようになっている。   米国国債   50%が国内保有   魅力があるので海外の人も購入する   日本国債   95%が国内保有   魅力がないので日本人しか購入しない   わが国では実質的に国債の償還は行われていない。   借り換えを続ける限り、誰の負担にもならない。   負債控除後の家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more