テーマ:仕事

パワーハラスメント 「指導」と「いじめ」の境界は? 障壁を取り去り相互理解することが第一歩では!

パワハラはここ10年くらいで出てきた言葉ではないだろうか。パワーハラスメントの略である。 パワーハラスメント(Wikipedia)によると、 組織における権力(パワー)をかさにきての嫌がらせという意味の用語である。日本語として定着したセクハラから作られた和製用語である。会社などで、職権などの権力や地位、人間関係を背景にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供は伸びやかに育てる それが就職で内定を得、入社後に活躍できる人材となるための大きな条件である

日本経済新聞の「春秋、2012年1月30日」によると、就職活動で複数の会社から内定を得る学生の特徴が記されている。それによると、この複数内定を得る学生や優秀な若手社員は皆、伸びやかとあると。そして、この伸びやかさは子どもを信頼して育てた親の自信が、そのまま子どもの自信につながり、伸びやかさにつながっているのだという。 日本経済新聞…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

成功をイメージすれば、成功確率はぐっと大きくなる この不況の時代に求められるポジティブシンキング!

学術論文です。過去の蓄積の上にたって今回の結果を解析していますので少しわかりずらいところもありますが、結局は自分の置かれている状況認識しだいで、作業能率が変わってくるとの結論です。 スポーツ選手に限らず、イメージすることの力は大きいと思います。特に若い世代は、5年後10年後の自分の姿を具体的に描き、ノートに目標を書きつけ、その目標…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

失敗は誰にでもあること その後の心の持ち方が重要 反省よりもまず行動を

日本経済新聞 4月11日より項目抜粋 失敗を成功につなげる 反省よりもまず行動  「多くの人は失敗すると、ショックで失敗した事実が頭をぐるぐる駆け巡り、やがて後悔し、反省を始める。だが、その間にも時間はどんどん過ぎて事態はますます悪くなっていく」と。 失敗の対処法 1.失敗直後にやってはいけない3つの行動 (1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷凍食品の解凍を超低温(-196℃)の液体窒素で!! これを考案した人は天才か!

雑誌・ガスレビュー4月1日号によると、伸洋産業(広島県福山市)が液体窒素を使った冷凍食材解凍技術を開発したとのこと。 以下、雑誌の記事に従って記述する。文書や図はそのまま引用している。 ※は伝右が注記。 マイナス3℃前後の冷水中に(※この温度の水は普通ならば氷となっている)、液体窒素の微細な泡を吹き込み(※泡となるともはや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋 トヨタテクノミュージアム 織機と自動車の歴史と技術を再勉強しませんか?

昨日、名古屋駅から地下鉄で1駅(亀島)の位置にあるトヨタテクノミュージアム(産業技術記念館)に行った。開館時間は10時から5時、休刊日は月曜日である。 ウイークデイであり、信じられないことに午前はほとんど来訪者がなく、施設の借り切り状態であった。誠に貴重な時を過ごすことができた。午後は、トヨタ関連の新入社員が約200名?押しかけ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年度末 まだまだ失業者が増加中

日本の経済状況もなかなか厳しいようです。筒いっぱいの努力の末に、企業に倒産の危機が忍び寄ったときに、最終手段として「解雇」があると認識しています。この認識からすると、非常に多くの企業が倒産の危機にあるようです。日経NETの統計からすると企業倒産の危機はまだ入り口で、実際に倒産が増えてくるのはこれからでしょうか。 NIKKEI …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイテク航空機も人間が操縦する その結果、人間由来の重大事故も発生する

次に引用するのは1982年の航空事故の原因調査の結果である。副操縦士の進言も聞かずにとった機長の行動により航空機はポトマック川に墜落。78人が死亡した。 これはすでに20年以上前の事件であるが、この事例は今日の極一部の企業に当てはまるのではないだろうか。幹部や部下が社長に不正はやめてくださいと勇気をもって進言する。しかし、社長は聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダでのトルコ航空機の事故の原因が発表される  しかし、真の原因追及の手を緩るめてはならない

オランダでのトルコ航空機の事故の原因が、高度計の故障によるものであることが分かった。空港付近は霧がかかり、目視による通常の着陸が無理だったために、計器による自動着陸としていた。その途中、高度700mにおいて高度計が異常となって高度0mと認識したため、制御系が通常の着陸シーケンスに入ったことが事故の原因としている。 高度計の指示が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

働き壱両 考え五両 知恵借り拾両 骨知り五十両 閃き百両 見切千両 辛抱万両

日本経済新聞の今月の「私の履歴書」はドトールコーヒー名誉会長の鳥羽博道氏の連載です。 2月26日の回は「座右の銘」です。その中に次の言葉が示されていました。 ゴルフ場のコースにある石碑に刻まれた言葉を見出し、「はっ」と立ち止った」と記されています。    働き      壱両    考え      五両    知恵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加ト吉が循環取引で赤字に転落   見せ掛けの会計操作は時間差で跳ね返ってくる

 本日のニュースで加ト吉が赤字に転落したとの報道がなされた。70億円の黒字予想から92億円の赤字への転落であるから、差し引き162億円の悪化である。ウイキペディアで債権回収が不能と記されている150億円とほぼ合っている。  かのエンロンでも循環取引が行われていた。 キーワード:循環取引 加ト吉 エンロン 粉飾会計 赤字転落 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

医師等資格確認検索  資格の取得年等を名前より確認できるサイトです 

 個人情報保護法の壁を破ってこのようなデータベースができたことは素晴らしいことである。昔はニセ医者なるものが存在したが、最近ではその可能性はかなり低いのではないかと考える。そうすると、私たちに必要となってくる情報は、お医者様の信頼度である。行政処分を受けて医業停止処分になっているとの情報は有用ではあるが、それにも増してこのデータベースに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

特許流通支援チャートは単なるチャートではない  あなたも一夜で専門家に (伝右メモ)

工業所有権情報・研修館 流通部より特許流通支援チャートかWeb上に掲載されている。 http://www.ryutu.inpit.go.jp/chart/tokumapf.htm  平成13年度から17年度までに108テーマの紹介がある。題目の通り、公開特許に基づき技術のトレンドをまとめたものではあるが、まず技術の概要やポイ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

書籍「イノベーションの作法」 野中郁次郎、勝見明著 からの抜粋  (伝右メモ)

 イノベーションの作法 (野中郁次郎、勝見明著、2007年1月、日本経済新聞社) 副題「リーダーに学ぶ革新の人間学」 p1 自らの生き方を確立した人間こそがイノベーションを起こしうる。 p30 こだわるところ以外は割り切って捨てる。 p39 計画立案から実施に至るまで開発に係わるすべての責任を負う。 p42 真・善・美の理想…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

書籍 「頭のいい人が儲からない理由」(坂本桂一著、2007年3月、講談社)よりの抜粋   (伝右メモ

 坂本先生の書籍より、なるほどと感心した部分を抜き出させていただきました。本書の裏表紙には「激動の30年間を常にその最先端で生き抜いてきた坂本氏の経営論、人生論。ベタな内容であるがゆえにリアリズムの宝庫であり、圧倒的な説得力に充ちている。」とあります。 p38 常識に縛られているようではビジネスの世界で成功することなど、到底おぼつ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今更ながら、日本で米作が成り立たない理由   耕作面積が狭すぎる?

 戦前は大地主が所有する田を小作する形で稲作がなされたが、戦後はその多くが耕作農家の所有となった。農家が取得できた田の面積は、農地解放時点でその農家が耕作していた田の広さであるので、機械化が進んでいなかった当時としては農家1軒あたりの面積は狭いものに限られていた。今日でも多くの(兼業)農家は、3~5反(たん)程度の田で米作を行っている。…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

1級建築士が不正を働く理由は?   競争の激化か

 最近、1級建築士が不正を働き、マンションの建て替えやホテルの補強工事が行われるなど、社会問題化してきている。この背景には、1級建築士の数が増えすぎて、仕事の機会が少なくなり、ビジネスを継続する必要上、不正に手を染めたものと考えられる。  Web「13歳のハローワーク」(http://www.13hw.com/)によると、1級建築…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

子供に職業と遣り甲斐、給与を説明するために   Web「13歳のハローワーク」

 Webの紹介です。このWebには200種を越える職業について、その職業に付く方法や、職業の特徴、給与額などが記されています。タイトルからも、中学生になったら、憧れを持っている職業について調べられるように、と言うことかと感じました。しかし、その内容は精緻な調査に基づくもので、お子様を持つご両親は勿論のこと、すでに職業を持っている方にも非…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

中国の故事   千里の馬は常にあれども、伯楽は常にはあらず

 中国の故事です。伯楽は孫陽のことで、秦の穆公(ぼくこう、在位BC659~621)に使えた馬の鑑定家です。  ・千里の馬は常にあれども    世の中に素晴らしい馬はいるのだけれども  ・伯楽は常にはあらず      その馬の素晴らしさが分からずに世に出してあげられる人は少ない  見出してくれる人がいなかったら、すで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ナポレオン・ヒル   成功への17のノウハウ

 成功したいとは思っているが、なかなか成功に結びつかない場合が多い。後で思い返してみれば、あの時ああしておけば、などと仮定法過去の世界となるわけである。この繰返しをしていたら、10年20年があっという間に過ぎ去って行く。  17のノウハウ。有名であるが数が多すぎて覚えられない。自分のものとして身に着け、常に意識下で実行できるように…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

NTTの光ファイバーへの移行   ビジネスシステムは大丈夫なの??

 私の住んでいるマンションには光ケーブルがすでに引き込まれている。あとはこれに接続さへすれば快適なコンピュータ環境が実現するわけである。が・・・・・  NTTより光ファイバーへの変更を勧誘する電話があった。経過は次のようなものである。 第1回  光ファイバーの機能の良さと価格についての説明       考える時間がほしいの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

リストラとリエンジニアリング   景気がよくなると忘れられがちだが重要な概念

 この言葉を最近は聞かなくなった。日本経済が落ち込み、不景気からの出口が見えなかった10年位前の1990年代によく聞かれた言葉である。リストラは人員削減や首切りと言う意味でよく使われた。若い人はこの言葉を聞いても、その意味するところを実感できないのではないだろうか。特に今年などは、(1)景気拡大により多くの新たな人材が必要とされているこ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

息子がまったく理解できないんです・・・人生を成功させる7つの習慣より

 誰しも自分の人生を価値あるものにしようと考えている。その価値が人によってはお金持ちになることであったり、また人によってはたとえ貧乏であっても子供のときからの夢を実現することであったり、と様々である。従って、成功の形も様々であり、成功したか否かはその人の価値観をもって判断することになる。  成功には色々な形はあるが、成功に至るため…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「守破離」を考える   我が行く道をいかに切り開いて行くか

 芸道には「守破離」と言う言葉があります。初めは教科書や師匠の指導どおりに習い修め、次にそれを破り、最後には自分流の流儀を打ち立てて行く。この「離」に達して初めて一人前になったと言うことでしょうか。  この言葉は、能や舞、歌舞伎などの口伝で伝えられてきた芸道に限らず、全ての事柄に当てはまると考えられます。絵画も時代と共に大きく変わ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

学習効果を上げるには  何が分かっていて何が分かっていないかを識別する

 勉強が出来るようになる。一芸に秀でる。これには学習が必要となりますが、なかなか思うようにはいかないのが現実です。特に期限を切られた、たとえば何かの試験を受けるときなどには痛感することです。  どうすれば受験に適応できる実力を付けることが出来るか。これは人それぞれに色々な方法があると思います。ある人はともかく教科書を丸暗記する。ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の黄金律、西洋の黄金律   大きくかけ離れたこの2つの考え方

 ローマ法とは、ローマ建国からローマ法大全の編纂までの1200年間に展開された法である。多くの英知が含まれている。この中に、『「できるわけがない」と言う人は、それをやっている人の邪魔をしてはならない』、とある。まさに金言である。  日本人は和を尊ぶ民族であると自認している。これは、言葉を変えると、皆がしていることはしても良いが、人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なつかしの電報用語  今もハムで使用されることも

 昔、電話機が家庭に普及しいていなかったとき、緊急時の連絡などには電報が利用されました。「チチキトク スグカエレ ハハ」と言うあれです。郵便局には夜でも宿直の局員がいて、電報申込用紙に文面を書くと1字いくらで受け付けてくれました。これを受付局からモールス信号あるいは電話で着信局に送付します。文面はカタカナ文書にされ、夜中でも着信局の局員…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

5Sとは全ての基本  かつ利益の源

 5Sとは、整理、整頓、清掃、清潔、躾(しつけ)をローマ字で書いた頭文字が5つ、ということである。企業経営においては非常に重要なことで、この基本がなければ利益のでる会社とはならない。この基本には実施の順序があり、この並びの順番である。整理して整頓、そして次に清掃、ここまでを3Sといい、まずはこの3Sを目標として現場の改善を行う。現場と言…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

学習効果を上げるには  「習修破離」の入り口をいかに極めるか

 勉強が出来るようになる。一芸に秀でる。これには学習が必要となりますが、なかなか思うようにはいかないのが現実です。特に期限を切られた、たとえば何かの試験を受けるときなどには痛感することです。  どうすれば受験に適応できる実力を付けることが出来るか。これは人それぞれに色々な方法があると思います。ある人はともかく教科書を丸暗記する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「守破離」を考える  一芸に秀でるためには

 芸道には「守破離」と言う言葉があります。初めは教科書や師匠の指導どおりに習い修め、次にそれを破り、最後には自分流の流儀を打ち立てて行く。この「離」に達して初めて一人前になったと言うことでしょうか。  この言葉は、能や舞、歌舞伎などの口伝で伝えられてきた芸道に限らず、全ての事柄に当てはまると考えられます。絵画も時代と共に大きく変わ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more