特許の請求項 アメリカ式はここまで簡略化できるのか? これでは特許審査ができないが???

特許の有り様を決めるのはなんと言ってもアメリカである。アメリカ自国刻に都合の良いように特許の形式を作っていっている。ビジネスモデル特許もそうであったように、ルールを作る国は強い。 今回発見した特許もアメリカ企業が出願したものだ。この特許の出願を見てビックリ。企業が出願した特許とは思えなかったからである。 ポイントは特許請求の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

自炊後の裁断書籍を販売すると著作権法違反となるか? 著作権法違反だがみんなで渡れば怖くない?

通勤電車の中などで、書籍をタブレットで読むための方法としては、①電子書籍を購入する、②自炊により自分で電子化する、のどちらかの方法がとられる。 電子書籍を購入した場合には、それを複製しない限り著作権法違反とならない。書籍を購入してコピー機で本をまる一冊コピーし、それを他の誰かに手渡せばその時点で立派に著作権法違反となる。 さ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

うつ病の原因は脳内化学物質の量変化 人は化学物質に操られている 言い換えると遺伝子に操られている

うつ病等現代病。必ず近くに数人はうつ病患者がいる。また、残念ではあるがこの病が元で自殺に至る人も多い。 現代病と書いたが、昔はこの病気は少なかったのか。精神異常という話は聞いたことがあるが、うつ病というのはポピュラーではなかった。社会現象化していなかったというのが正しく、この病がなかったわけではなかろうが、この病が少なかったことだ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

英知大学→聖トマス大学→日本国際大学 名前を変えてもその中身が変わらなければ存在意義がない!

聖トマス大学と言われてもここ地元・兵庫県でも知名度が低いが、昔、英知大学と言っていた大学と言われれば知っている人が多い。カトリック系の大学で、40年前にすでに入試で面接が行われていたと同校を受験した同級生に聞いた。 今日の日本においては、高校生は望みさえすればどこかの大学に入学できるという大学全入時代となった。そのため、特徴のない…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

これからに日本の生きる道は機能性製品の輸出か? 世界に羽ばたく吸水性樹脂と紙おむつ

吸水性樹脂やそれを材料につくる生理用品や紙おむつなどは、その機能を売り物としている製品である。求められる機能を出すためには多くの実験や材料同士のすり合わせ、そしてそのための長時間を要して今日に至っている。この分野の製品は日本人の得意とする地道な努力により年々その機能を向上させ、世界市場でも高い評価を得る結果となっている。 製品は特…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

お子さんを持つ日本のお父さんお母さんへ 夏休みの宿題をお子さんの成長の出発点とするには

長い夏休みもいよいよ終わりに近づき、この土曜日、日曜日はお子さんにとっても、ご両親にとっても、夏休みの宿題の総決算のために忙しくなることでしょう。私自身の場合も、また私の子供の場合も、夏休みの宿題は家族でなんとかする?作業でした。 しかし、今振り返って考えてみると、夏休みには多くの宿題が出されますが、昔と違っていまは「自由研究」と…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

一般家庭 自家発電に走る! 大阪ガスなどの販売するエネファーム普及が好調に推移している

電力会社とガス会社は永遠のライバルか? つい先ごろまでここ関西では関西電力が電磁調理器 IHクッキングヒーターを販売していたが、さすがに震災以来コマーシャルはなされていない。東京電力の同サイトについては該当するページはすでに消去されている。 電力事情が悪くなった3月11日の震災以降、脚光を浴びているのは天然ガス(主成分はメタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「24時間テレビ 愛は地球を救う」 徳光アナ 63kmを24時間で無事完走! 平均時速は2.6km!

新興住宅地までの「徒歩12分」がなんと遠いと感じられた方は多いことと思う。「車で12分」の間違いではないかと!? この場合の徒歩速度は5km/時間と決められている。徒歩12分の距離は1kmとなる。 24時間マラソンの平均速度は計算してみると2.6km。普通ゆっくりと歩いている人でも1時間に4km、速く歩いている人で6km程度である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1100年前の貞観地震の津波高さは10m超級? 1000年に1度は大津波が押し寄せた証拠が見つかる

後で調べてみたら「なるほどそうだったのか」というのが事故調査である。これを後付の解釈として嫌がる人もいるが、ことが起こったときにその原因や起こる確率を確認し、もしそのようなことが起こっても次回には被害を出さないようにするのが、人類の叡智である。 鉄道事故や航空機事故などはその典型的なものであるが、事故原因を調査し、その対策を講ずる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

左足前面の痛みが止まらない! 経験者でないとわからないことを経験したことのない医者は理解できるか? 

7月9日より腰痛らしきものに端を発する足の痛みに悩まされている。確かに腰痛が原因だと思うのだが、その根本原因はわからないままだ。 科学的に考えると、痛みという通常ではない症状が現れたときに、環境においても通常と違うことがあったのではないか? もし、そのようなことがあればそれが原因である可能性が高くなる。これが素直な考え方である。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

CO2排出権取引は行き詰まった その取引価格は暴落 → CO2回収技術の確率が遅れる?

価値のない資産、いや逆に余分な費用が発生してしまう資産と聞いてすぐに頭に浮かぶのが「不良資産」だ。企業にしろ個人にしろこの不良資産をなんとか金に替えてすっきりとしたいと考えるところだ。 今日問題となっている不思議な不良資産がある。それは自らそんなものがなかったように見せかけるか、あるいはお金を払って引き取ってもらわない限り、その負…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本は原子力発電から離れられるか? 気のままで割高な自然エネルギー発電は国民生活を圧迫する

菅首相は今にも原子力発電をやめてすぐにも風力や太陽光などの自然エネルギーを用いた発電に切り替えるべきとの主張です。その第一歩として中部電力浜岡原発が停止し、そして九州電力玄海原発は菅首相のストレステスト実施の一言でその稼働が延期となっています。そして今回は、「もんじゅ」廃炉宣言です。 太陽光や風力を用いて発電するには、その発電量に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

スーパーコンピュータはやはり世界一でなければ意味がないですよね! 蓮舫さん

事業仕分けでその命が危ぶまれたスーパーコンピュータ「京」だが、現在世界一の演算速度を持つスーパーコンピュータとして認定されている。そして、本日の日本経済新聞のニュースは、これよりもさらに100倍の演算速度を持ったスーターコンピュータを2020年頃に実現させようという内容である。 計算速度が速くなると、詳細なシミュレーションが可能と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

驚愕の特許出願! その件数とページ数はすごい!! その数400件、最高ページ数は約950ページ!! 

谷川浩保なる人物の特許出願がすごい。数の上でもすごいし、そのページ数でもすごい。興味のある方は特許庁の電子図書館より、1.初心者向け簡易検索を選び「谷川浩保」をキーワードとして検索してみるとその出願が382件あることが確認できる。 特許庁電子図書館 http://www.inpit.go.jp/ipdl/service/ichi…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

刺青にも著作権が認められる 人間の知恵が作り出した創造物に著作権が発生すると考えると当然

中国のモノマネ文化に対して日本人は著作権を犯されたと言っている。確かにそのとおりで、中国のコピー商品が日本企業に与えている損失は計り知れない。最近の例では、中国が日本から技術提供を受けた新幹線いついて1000件超にものぼる特許を出願したとの話もあり、日本では知的財産を奪われたとの議論もあるが、こちらは各国の特許庁が今後白黒をはっきりして…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

藻類バイオマスからの優れたバイオディーゼル生産性 1ha(約1反)当たり年140トンの油が得られると

ブッシュ大統領時代に話題となったバイオエタノールは、食料のエタノールを原料として発酵によりエタノールを生産するというものであった。しかし、人間の食料や家畜の飼料を自動車の燃料に変えること、その燃料エタノールを製造するために多くのエネルギー(石油)が費やされるので、何をやっているのかが不明確である点で、評判のよくない燃料であった。バイオエ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

地震は人間にも起こせる!?  日本の技術の粋、科学技術振興機構(JST)のブログで特集される

地震の原因はなにか? ほんのちょっとしたことで人為的に地震が起こることがあるか? 人間が地震を起こすなどということはありえないと思っている人にとってはそんな馬鹿な!?というトンデモ特集を下に示すように、日本の権威ある科学技術振興機構(JST)がメルマガで配信した。 その内容に触れる前に、予備知識として以前にも次のような記事がある。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

放射性セシウムによる牛肉の汚染 肉の取れる部位によりその汚染濃度は変わらないか? その情報がない!

本ブログはデータに基づかない記載となった。というのも、牛肉がどれだけ放射性セシウムに汚染されているかを検査する具体的な方法を調べたが、まだ適切なサイトを発見するに至っていないからである。 ニュースでは、牛肉1kgを測定器に1時間程度入れ、発する放射線料を測定することにより放射性セシウムに汚染されている程度を測るとある。ここまでは、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ノルウェーの76人もの犠牲者を出したテロはなぜ起らなければならなかったのか? なぜノルウェーなのか?

北欧のノルウェーで76人もの犠牲者をだすテロが起こった。犯人は32才のノルウェー国民である。新聞記事によると主義主張があってのこととなっている。 ヨーロッパにおいては、特にEU加盟諸国においては、移民の問題が社会問題化している国が多くある。しかし、ノルウェーでは下に引用したように、人間開発指数も高く、世界幸福度指数も日本と同等であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説「下町ロケット」は技術と人間が織り成す、陰謀あり愛ありと現実と見間違う具体性を持った痛快ドラマだ

本書は池井戸潤氏の直木賞受賞作で、8月21日からはWOWOWで5回シリーズでテレビドラマとして放送される。 著者は文科系の出身でありながら、本小説の中には多くの技術的内容が盛り込まれている。特にロケットの技術に関しては、精力的に専門家から意見を聴取したことがうかがえる。ロケットエンジンの性能を表す比推力や、燃料送りポンプが正常に作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いびき」もついに社会問題化!? ホテルで「いびき」をかかない人のみを宿泊させる安眠階が設けられる!

家庭でもホテルでも、いびきが大きな問題になることがある。寝息程度、気にならないいびき程度ならいいが、いびきもその音量が大きくなるとジェット機並みとなり、その発生音のパターンも様々となる。他人のいびきを一度気にしだすと、そればっかりが気になって周りの人が安眠できないことになる。 そこで、記事のホテルでは安眠階を設け、そこにはいびきを…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

女性の潮吹き、解明 女性も前立腺を持ち男性のように射精していると! 射精の瞬間は女性も快感絶頂!

週刊ポストに女性の潮吹きについて、そのメカニズムを研究した成果が記載されているようだ。 それによると女性も前立腺を持ち、男性の射精と同じく、絶頂に至り前立腺液を射精したものが「潮吹き」の正体であるとのことだ。確かに、プロセスと現象はよく一致し、なかなか説得力のある話である。 さらに、この「潮吹き」のさらに詳細な情報と「潮吹き…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国新幹線に関する特許考 日本の特許戦略の誤りを如実に物語る事例として歴史に留められることになるか?

特許出願が重要なのは言を待たない。しかし、日本の会社の考え方は、欧米へは特許は出願するが、中国に特許を出願しても、中国企業はそれを無視して製品を作るので意味がない。あるいは、中国にわざわざノウハウを教えてやるようなものだから、中国に特許を出願するなどはもっての外だ、となる場合が多い。 川崎重工業の新幹線技術についてもこのような考え…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

放射性物質含有水の処理に浮遊選鉱法を利用するという京都大学の技術は、まさに温故知新、これぞ発明である

浮遊選鉱法は古い技術ではあるが、鉱業においては有用な技術である。この技術は、私の記憶では、鉱夫である主人の作業服を洗濯していた主婦が、石鹸を含んだ洗濯水の表面に金属が浮いて集まってくることを発見したことに始まる(私の記憶です。文献はまだ見つけていません)。 したがって、浮遊選鉱法は日本発の技術ということができる。この技術をうまく利…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肉牛の飼育にどのような稲藁を与えるかがなぜイメージできなかったか? 机上のみで仕事をしていたから!?

牛を飼ったことのある農家、あるいはその農家で育った子供たちは牛が稲藁を餌とすることはよく知っていただろう。私が子供の頃は稲藁を裁断して(記憶が曖昧であるが15~20cm位の長さ?)餌に混ぜて牛に与えていた。 今回の問題は中央の役人が、畜産農家から実態の聞き取り調査をせずに、自分たちの思いのみで放射能汚染飼料(稲藁)に対する対処策を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球の内部でも原子崩壊により大きな発熱が起こっている その量、実に原発44000基分!!

Wikipediaには、地球内部での放射性崩壊により発生する熱量が23兆ワットっと記されている。この数字はどこから得たものか? 新聞によると、地球内部で発生する熱量は44兆ワット、そのうちの21兆ワットが放射性崩壊によるものであることがはじめてわかったとある。Wikipediaの23兆ワットとよく一致している。放射性崩壊以外の残り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セシウム137による内部被爆の広がりは深刻 牛ばかりではなく子供への内部被爆阻止の再検討が求められる

今問題のセシウム137はベータ崩壊によってバリウムに変化する。ベータ崩壊とは原子核よりベータ線(電子)を放出して原子数がひとつ上の元素種へと変化することである。ベータ線は薄いアルミニウム板などで遮蔽できるとある。 私の疑問はなぜ高い濃度のセシウムが稲藁から検出されたかということである。稲藁に吸着されやすいのか? ゼオライトなどの無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛から基準値を超える放射性セシウム 原因はエサの稲ワラ 静岡茶のセシウム汚染から予測はできなかったか

先に静岡のお茶が放射能汚染を受けていて問題となった。福島第一原発からは、その距離、風向きを考えてもナゼと考えられる場所で起こった放射能汚染であった。しかし、この汚染も、原発事故後の関東一円の放射性ヨウ素による水不足騒ぎを考えると、なるほどと納得できる面もある。 今回の稲藁問題は、距離的には静岡よりもははるかに近い福島県内で起こった…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ネバー・ギブ・アップ 思う夢は叶う 「なでしこ」あと一勝で金メダル 羽根直樹九段はあと一生で本因坊

今日は私の心に残る2つの勝利があった。ひとつはサッカー、ひとつは囲碁の世界での出来事である。 サッカーの日本代表「なでしこ」は「やまとなでしこ」より日本女性を奥ゆかしさ感じさせるうまい命名であるが、その言葉の奥に日本女性の信念の強さが含まれていることをこのたび証明した。集団での連係プレーが求められるサッカーは、身長等では欧米人に引…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元AKBメンバー 渡邊志穂さんがミス・エア・ジャパン受賞 今後の活躍を大いに期待する

AKBの黎明期を支えた一人。夢を持てば実現していくことを今回の受賞が証明した。だが、この夢は一人だけの力でつかんだものではないだろう。両親も東京へ引っ越して彼女を支えた。ひとりの人間の成功の裏にはその人を支える多くの人々がいること。 人はついつい孤立してしまったと思い込むことがあるが、気づかなくても少なくとも気をかけてくれる人が数…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more