ユーロ圏の債務危機 震源ギリシャの債務(対GDP)は150% それに比べ日本は210%

目で見る債務データといったところです。対GDP債務の大きな国は成長率が低くなっています。この関係からすると、日本が経済成長できないのも納得です。 この関係の束縛から抜け出して、日本が世界で再デビューするためには、考えもしなかったような妙薬・イノベーションが必要となってきます。この妙薬が何であるかが分かれば誰も苦労はしないのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GPS技術が地震予知を可能にする日 そのときは、衛星が全地球的に地震予知を行なうようになる

本日の日本経済新聞の記事からは、地震の予知できる可能性、またその的中率は大きいのではないかと私には感じられる。 3月11日の大地震でも、2~3日前にその発生が予言できていたら、被害は幾分小さなものとなったのではないか? その一方で、地震学者が地震予知に関して自信をなくしている。 『「敗北」を認めた研究者たち。そこから地震学は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学院から修士論文が消える とうとう大学院も知識で勝負か? 世界標準としての考える力はどこへ行く??

来年から、修士論文を書かなくても修士号が取得できることになる。「博士論文研究基礎力審査」に合格することが条件で、いままで通りの論文提出による方法も認められるとのこと。 この新制度の対象となるのは、主に博士課程にまで進む学生のようだ。2年間の修士課程を終えて3年間の博士課程に進むが、修士課程の2年次にこの審査を行い、修士の資格を与え…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

ナトリウムー硫黄蓄電池(NAS電池)で火災発生 その原因は不明 しばらく使用停止要請 その影響は?

NAS電池はナトリウム(化学記号Na)と硫黄(化学記号S)の反応を利用して大容量の電力を蓄える蓄電池だ。起電力は2ボルト。蓄電池技術の現状と取組についてはこちらに詳しく示されている。この中にNAS電池の写真も示されているが、私たちのイメージするような電池ではなく、ひとつの大きなプラントと考えたほうがよい。 同じ資料に使用例…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢神宮 神楽殿前の龍虎石 虎の姿はあるが、龍は姿を見せず 来年の龍年には姿を見せることを期待する

伊勢神宮内宮の神楽田前に116年間置かれている手水鉢が写真の龍虎石、詳しくは龍虎斑文天然石水盤です。 私が初めてこの石と対面したのは、小学校の修学旅行の時ですからもうウン十年前の話となります。天然の石であるにもかかわらず、偶然にもこのような文様が現れるのだと感心したのを覚えています。伊勢神宮でもこの石の価値を認めてこの位置に置き続…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

天然のダイヤモンドはその希少性から宝石としての用途 人工のダイヤモンドはその結晶均一性から工業用用途

ダイヤモンドの詳細はこのWikipediaによくまとめられている。その中より人工ダイヤモンドの項目を抜粋・整理すると次のようになる。 人工ダイヤモンド 人工合成に成功したのは20世紀後半になってから 1955年3月に米国のゼネラルエレクトリック社が高温高圧合成により人類初のダイヤモンド合成 ダイヤモンドを人工的に…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

属の異なるイヌを使って皮膚細胞からコヨーテを誕生させることに成功 異種間体細胞核移植クローンは世界初

2006年サイエンス誌掲載の黄禹錫(Wikipedia)教授のヒト胚性幹細胞論文ねつ造事件は韓国の社会に大きな衝撃を与えた。その衝撃の背景には、黄氏は、韓国が未だ受賞できないノーベル賞の受賞を期待されていたこともある。ねつ造に至る経緯はこのWikipediaに詳細に記されている。 また別にクローン(Wikipedia)の次のような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今度も日本人が円周率を小数点以下10兆桁 ハードディスクの故障にめげず1年がかりで成し遂げた成果

2009年8月までは大きなメモリーと速い計算速度を持ったスーパーコンピュータでなければ円周率の小数点以下の大きな桁数は求められないと考えられていたが、同年12月にはフランス人によりデスクトップコンピュータでもスーパーコンピュータを上回る計算ができることが実証された。 そして、今回は昨年に続いて日本の会社員がパソコンで見事に円周率を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CO2ガスが筋肉増強を手助け ドーピングとならない筋肉増強剤は運動選手に朗報 坐骨神経痛にも効果あり

今、地球温暖化問題で最も嫌われている二酸化炭素(CO2)が筋力の増進や、腱鞘炎や坐骨神経痛の治療に寄与するという。いままで誰も考えつかなかった(と私には思われる)この治療法が確実に効果を示し、一般に普及してくると、スポーツ選手の筋力増強(ドーピングにはならない)や腱鞘炎や坐骨神経痛などに効果を発揮する。 坐骨神経痛で悩む人の数の実…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

世田谷の高放射能問題の原因が判明 放射能の危険性は原発以前からあったわけだ そして今もまだある

世田谷で強い放射能が検出された一件は、ビンに保存されたラジウム226が民家の床下にあったためと判明した。ラジウムはWikipediaによると、 ラジウムがアルファ崩壊してラドンになる。ラジウムの持つ放射能を元にキュリー(記号 Ci)という単位が定義され、かつては放射能の単位として用いられていた。現在、放射能の単位はベクレル(記号 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アメリカで肥満が進行中のこの現実 エレベーターが動き、船が沈まないようにするための苦肉の対策!

船でもエレベーターでも定員が問題になる。船の場合には、連絡船に定員以上の乗客が乗り込み、悪天候でその船が沈没し、多数の犠牲者を出す事故が時たま起こる。特に多くの島よりなるフィリピンでの事故がよく報道される。 エレベーターの場合には最大積載量と、それを基に計算した定員が必ず記載されている。多くの人が乗り込み、さらに次の人が乗り込もう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国メディア・人民網が日本の産業を褒めちぎった! 素直に信じる? それとも、なにか作為がある?

中国の人民網が日本の産業を褒めちぎっている。 日本では現在多くの企業が海外に進出、いや、進出と言えば聞こえが良いが、日本にいては経営が立ち行かなくなるので、海外に逃げ出している状況にある。この日本の現状は、中国にいてもよくわかっているとは思うのだが、やけに褒めてくれている。何となく、くすぐったい気がするし、何か作為が込められた情報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーベル平和賞を受賞した国 リベリア それは平和の訪れを評価したものであってもらいたい

ノーベル財団は7日、ノーベル平和賞を西アフリカ・リベリアのエレン・サーリーフ大統領(72)と同国の平和活動家リーマ・ボウイーさん(39)、イエメンのジャーナリスト、タワックル・カルマンさん(32)の女性三人に授与すると発表した。同委員会は授賞理由として「平和構築活動に女性が安全かつ全面的に参加できるよう、非暴力の活動に取り組んだ」ことを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カエンタケ(火焔茸)はミルも恐ろしく、触れてもダメ 食べればその致死量はたった3グラム!

この毒キノコにカエンタケ(火炎茸・火焔茸)と名付けたのは、正にぴったりのネーミングである。火山から、赤い炎が吹き上がる様が目に見えるようでもあるし、あるいは、火炎地獄である死の世界で閻魔大王にあったような、そんな恐怖感を与える命名である。きっとこのきのこの怖さははるか昔から知られており、そのきのこの形状と恐ろしさから、先人が的確にネーミ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ノーベル化学賞はイスラエルの化学者の準結晶に授与される これは結晶でもアモルファスでもない第3の状態

2011年のノーベル化学賞が準結晶の発見に対してイスラエルの化学者ダニエル・シェヒトマン教授に贈られる。 この準結晶は結晶でもアモルファス(無定型、結晶構造がなくランダムに入り乱れた状態)でもない第3の固体状態である。1982年にこの準結晶を発見したときには、学会からは懐疑的にみられたようである。いわゆる、「そんなことがあるはずが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ノーベル物理学賞が加速度的に膨張する宇宙の発見に与えられる 宇宙観も変えるほどの大発見!

ノーベル物理学賞が宇宙の加速膨張の発見に与えられた。ビッグバンから始まる宇宙は、その爆発の初速度で膨張を始めたが、いずれは宇宙自身のもつ重力によりその膨張速度が小さくなり収縮に向かうのではないかと考えられた。ちょうど投げ上げた石が地上に戻てくる状態を考えれば良い。このようなことが起こるといずれは宇宙は点となって消滅することになる。そこで…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ノーベル賞受賞者が死亡していたことが判明 ノーベル財団は今回は例外として賞の授与を決定

「故スタインマン教授の受賞取り消さず ノーベル財団」 本日の新聞記事である。 ノーベル賞受賞の必要要件の一つが、ノーベル賞受賞者が発表される段階で生存していることである。ノーベル賞に値する業績が多くあり、はるか昔の功績に対して賞が与えられることも多く、ノーベル賞受賞のためにはノーベル賞候補に挙げられた人はとにかく長生きする必要があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人がイグノーベル賞を受賞 この賞は人間の生きる活力を表彰するもの 日本の将来は明るい

明日からのスウェーデン・ノーベル賞の発表に先んじて、アメリカ・ハーバード大学よりイグノーベル賞の発表がなされた。これで日本人がこの賞を5年間連続して受賞したことになる。2002年以降は2006年を除いて連続受賞である。 ※イグノーベル賞(Wikipedia)  イグノーベル賞 (イグノーベルしょう、英: Ig Nobel Prize…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今年もノーベル賞の複数受賞を! 日本に明るい希望の光を! 来週に受賞者の発表が! 

月が10月に変わる来週はノーベル賞の話題で持ちきりになるだろう。生理・医学賞(3日)をはじめ、物理学賞(4日)、化学賞(5日)、文学賞(未定)、平和賞(7日)、経済学賞(10日)と発表が続く。 トムソン・ロイター社は毎年ノーベル賞の有力候補を選出している。今年も日本人1名が選出され、その数は毎年加わっていくので、これで合計13名の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

茨城県、栃木県のイノシシ、シカから基準値を超える放射性セシウムが検出される

栃木県や茨城県のイノシシやシカの肉より基準値を超える放射能が検出されている。植生は下に示したとおりであるが、草木などから放射性セシウムを取り込んだものと考えられる。東北には多くの野生動物がおり、その行動範囲は比較的狭いため、さらにこの蓄積が進んでいくものと考えられる。 鳥類も例外ではない。 今後、野生動物にどの程度の放射性セ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

質量のある素粒子ニュートリノが光速を超えた!! 光速になるだけでもビックリなのに、物理学の行方は? 

相対性理論によると物質は光の速度、つまり光速を超えることができない。ところが素粒子ニュートリノがこの光速を超えたとの発表に、物理学会のみならず、私も含めてにわか物理愛好者もその行方がどうなるかを固唾を呑んで見守っている。 今までの物理学の常識では、相対性理論が絶対でその確からしさについては多くの検証が積み重ねられてきた。その相対性…
トラックバック:3
コメント:5

続きを読むread more

6トンの衛星が明日の午前に落下 その詳細情報を調べてみたが、日本に落下する確率はまだわからない

今、日本の上空を大魔王が飛び回っていて、もうすぐ地上に降り立ってくる。このような書き出しで始めると悪魔の書のようになってしまうが、20年前に打ち上げられ、すでにその使命を終えた6トンもある人工衛星が日本時間の24日(すなわち明日)の午前にも世界のどこかに落下しようとしている。 この時間帯に衛星がどの国の上を飛行しているかが大きな問…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

原発事故への対処の遅れは、やはり菅元首相の手際の悪さによるものだろう? 日経新聞記事より考える

日本経済新聞9月21日から、原子力安全・保安院の動きを引用した。 3月12日午後2時46分の地震発生から時系列でまとめらにれているが、このうち保安院に関する部分は黒塗りされたところである。 新聞記事より   12日 午後2時15分   中村幸一郎審議官    「炉心溶融でしか考えられないことが起きている」と   同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇妙な台風15合が日本に大きな被害を与える しかしこれは世界の気象全体が異常である一端にしか過ぎない

今年の台風は異常だ。台風6号はゆっくりと進み、四国の手前でさらに速度を落として急カーブを切り、東の方向に進んだ。その動きをあらかじめ予想した気象庁も大したものであるが、それにしても今までに見たこともないような台風の動きだった。 そして今回の台風15号も何かしら変である。沖縄に向けてゆっくりと西進していた台風が、その手前でゆっくりと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「はやぶさ」のようには生き返れなかった「あかつき」 JAXAの努力もむなしく金星探査機はここまでと!

金星探査機「あかつき」の失敗がいよいよ確実になった。残念である。 昨年の12月7日に金星周回軌道への投入に失敗し、その後にJAXAより発表されたデータより失敗原因を推定したものが下に示した12月17日のブログである。その後の一連の報道などからこの推定はあっていたことになる。推定のポイントは、衛星の加速度合いが「作用と反作用」の原理…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本は非常に恵まれた相互扶助の国 アメリカでの低所得者層は15% 日本の生活保護家庭よりも低所得

アメリカでは4人家族で年収170万円に満たない家族が、人口の15%を占めるというショッキングなニュースです。4人家族というのはいわゆるモデルなので、夫婦2人、さらに子供を含む3人家族、5人家族などもあるでしょうが、同程度の貧困度と見てよいでしょう。 アメリカは自己責任の国と言われますが、国民の15%もが貧困に喘ぎ、さらに最近の経済…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

個人メモ 頭の整理 必要十分条件 演繹法 帰納法 数学的帰納法 覚えているようでど忘れする概念

必要十分条件  pならばq(p→q)が成り立つとき,  pはqであるための十分条件。  qはpであるための必要条件。  シェパード→犬,シェパードは犬です。  シェパードは犬であることの十分条件。  犬はシェパードであるための必要条件。 演繹法  一般的原理から論理的推論により結…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

心配される地震の連鎖 その起こる順番を歴史的に追っかけると・・・今世紀は地震の世紀次の地震はすぐそこ

地震余地は難しい、専門家によっては不可能との言葉も聞かれるようになったが、これは東日本大震災が予知できなかった後遺症であろう。 科学的なシグナルを補えて地震予知をしようという流れも大切であるがこちらは残念ながら十分な成果を上げているとは言いにくい。一方、賢者は歴史に学ぶのごとく、歴史の繰り返しを参考に大震災の起こる時期を予想してみ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新司法試験 法科大学院74校中の20校で合格者の8割を排出 撤退する大学院も増加してくるか!?

新司法試験の合格率が低くなっている。国は司法への要請が大きく、年3000人の司法試験への合格者が必要として多くの法科大学院を立ち上げたが、その思惑とは違って年々合格率が低下するばかりだ。本年の合格者は2063人と目標を下回った。 当初は法科大学院に行きさえすれば比較的簡単に司法試験に合格できるという触れ込みであったと思うが、受験生…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

紙書籍の電子化を請け負う自炊業者 その経済活動が違法ではないかと著作権者から質問を受ける

いま「自炊」で検索すれば多くのサイトがヒットする。自炊の方法やその利用価値を説明するサイトも多いが、その違法性について疑問を投げかけるものもある。先日の本ブログで紹介したものもそのひとつだ。 しかしこの自炊の流れそのものはもはや止めようがないだろう。著作権法にまもられた自分の本を自分のためにコピーすることに相当すると解釈できる(私…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more