水上バイクによる内臓損傷事故 製造物責任は問えるか? 国土交通省は「想定外」と言っているのだが!?

製造物責任法という法律がある。製造された製品の使用にあたって、たとえ使用者が間違った使い方をしてもその安全を保証することに主眼が置かれている。そこで、「猫を電子レンジで乾かさないでください!」などと、一般的には起こりそうもない注意書きまでしなければいけなくなる。もし、そのような事故が起こり個人の財産(猫も財産)に損失が出たとき、ここに書…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more