100年の時を経てエジソンの電気自動車への夢が実現した その成功のキーは蓄電池の進歩であった

電気自動車ガソリン自動車よりも早くに発明されました。しかし、ガソリン車の発明に、長い間その椅子を手放すことになりました。


MSN 5月25日

電気自動車とエジソン、車と燃料の歴史

 1900年代初頭、発明家トーマス・エジソンは電気自動車(EV)こそが輸送機関の未来形だと考えていた。エジソンは電球や映画技術などの発明でよく知られているが、ニッケル・鉄系の「エジソン電池」を使用したEVも3台設計している。

 1910年9月にはプロモーション活動の一環として、ニューヨーク・ニューハンプシャー間の約1600キロを走破した。「理想的な旅(ideal tour)」と題され、途中で充電を重ねながら走行、最終関門はニューハンプシャー州ワシントン山の登坂だった。

 このツアーで使用されたエジソン電池は持続時間、軽量性ともに従来の鉛蓄電池を上回っていた。しかし、EVが最初に隆盛を極めた時代はそれほど長くは続かなかった。ボトルネックは、充電なしで長距離を走行できる軽量の蓄電池の開発だ」。

 EVの推進システムの基本設計と、電気モーターを駆動させる充電式バッテリーパックは、エネルギー効率の面で内燃エンジンよりも優れている。米国エネルギー省によると、電気モーターは、バッテリーに蓄えられた化学エネルギーの75%を動力に変換できるという。最新式のEV「テスラ・ロードスター」と、販売間近のセダンタイプ「テスラ・モデルS」の開発元であるテスラモーターズ社は、ロードスターモデルの変換効率は88%と発表している。

      

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック