古来、日本は多くの文化を中国、朝鮮から取り入れていた 帰化人という「人」そのものも含めて

昨日のブログでは「同姓同名」に付いて触れ、その中でも古くからある帰化人に由来する名前「秦」に触れた。これは秦の始皇帝の「しん」であり、日本では「はた」という名前でしられる。「秦」姓の日本国内における分布についても同時に記した。

「秦の始皇帝」の「秦」ではあるが、この秦は紀元5世紀ころに朝鮮からの帰化人により日本にもたらされた苗字である(および秦氏、Wikipedia)。そのため、読み方も日本流の「はた」ではなく、今の日本人には馴染みのない読み(発音)であったのではないか? 「秦河勝」は「はたのかわかつ」と読んでいるが、一方で私たち日本人にはなじみの薄い「太秦(うずまさ)」などという読み方もある。「秦河勝」の「秦」は当時は「まさ」と発音していた可能性もあるのではないか?

「秦の始皇帝」と「秦河勝(秦氏)」の間に関係があるかどうかは不明(秦氏の祖先は中国の「秦の始皇帝」という伝承があるが、それは間違い)であるが、同じ「秦」という漢字であっても中国における発音と、朝鮮における発音、そして日本における発音は大きく違ったものであることは想像できる。そこで、日本における「秦(はた)」以外の発音をする「秦」を探してみれば、それは帰化人によりもたらされたものである可能性が高い。といいながらも、「秦河勝」は「はたのかわかつ」と発音していたと思われるので、「はた」自体も朝鮮から直輸入された感じである可能性もあるが。

このような言葉には、先に触れた地名「太秦(うずまさ)」があるが、Googleで「秦氏由来の地名」で検索してみると、実に多くの記事が見つかる。過去の日本にタイムスリップしてみるのも面白いのではなかろうか。海外から貪欲に文化を取り入れた日本人の姿が見えてくるに違いない。


太秦(うずまさ、Wikipedia)

地名の由来

「太秦」という地名の由来には諸説ある。
渡来系の豪族秦氏(秦酒公)がヤマト政権に税を納める際、絹を「うず高く積んだ」ことから、朝廷より「禹豆満佐=うずまさ」の姓を与えられ、これに「太秦」の漢字表記を当てたという説。
秦氏の拠点であったことから、拠点という語義を「太い」という字で表し、「まさ」は秦氏の「秦」をもって表記し、「うずまさ」と呼ぶようになったという説。
古代ヘブライ語の「ウズ」(光)、「マサ」(賜物)が語源であるとする説。


                  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • sac louis vuitton

    Excerpt: 古来、日本は多くの文化を中国、朝鮮から取り入れていた 帰化人という「人」そのものも含めて 伝右の日記・日々考えること感じること/ウェブリブログ Weblog: sac louis vuitton racked: 2013-04-22 09:58
  • toms shoes

    Excerpt: %title% Weblog: toms shoes racked: 2013-04-22 10:00
  • フェラガモ アウトレット

    Excerpt: 古来、日本は多くの文化を中国、朝鮮から取り入れていた 帰化人という「人」そのものも含めて 伝右の日記・日々考えること感じること/ウェブリブログ Weblog: フェラガモ アウトレット racked: 2013-07-03 09:39