特許審査も待ち行列 3年目にやっと受け取る審査結果 審査官は当業者としての実力ありやと疑うことしきり

特許の重要性を理解している人は多い。特許を取得できればその製品や技術を独占して業を営むことができる、というのがその理由である。

ある製品や技術について、特許を出願してからそれが特許として認められるまでには、非常に大雑把に言って次のステップが必要である。①まずは出願する。権利としたい部分を文書とし、特許庁に提出する。出願特許が権利として認められて特許権を得た場合には、この特許出願の日が特許権発生の日付となる。②出願した特許は出願から1年6ヶ月で自動的に公開される。③出願の日から3年目までに審査請求をする。審査請求というのは、出願した特許に特許性があることの確認をしてくださいと、特許庁にお願いをすることである。そうすると、特許庁の審査官が特許として認めるべきかどうかの審査に入る。

④審査した結果を出願者に連絡してくる。一発で特許として認められれば良いが、多くの場合は審査官より何かしらの内容変更を求められる。⑤審査官の意見も加味して、出願特許の内容を変ずできるだけ権利範囲が広く取れるように修正を加える。⑥その修正した内容が審査官に認められれば特許権を得ることができる。

特許権を得るまでの流れは大雑把に言って以上の通りである。①~③は時間とともに進んでいくプロセスであるので、特に大きな問題はないであろう。問題となるのは④以降である。特許として認められるためには、新規性と進歩性の要件が必要である。新規性とは今まで世に知られていなかった新しい事柄という意味であり、どんな些細な発明であっても、今までに知られていなければよいということである。この新規性があるかどうかは過去の文献を調査すれば分かることであり、審査官より先行文献があると言われてしまうと「そうですね」であきらめがつく話である。

難しいのは進歩性である。その道のプロが容易に思いつかないというのが進歩性であり、容易に思いつくような事柄であればそれは発明とは呼ばない。このプロというところが曲者である。各社の研究所においても、その道の専門家がウンウンと苦しみながらやっとのことで発明したものを、「そんなことは考えれば簡単に発見できるではないか」、と言ってしまえばコロンブスの卵である。分かってしまえば簡単なこと、なぜそんなことに気がつかなかったのだろう、ということになかなか気がつかないのが人間である。ましてや審査官はその専門分野の素人、そんなに簡単に進歩性の判断ができるはずがない。その道のプロであると自認する(素人である)審査官であるならば、そんなことは考えもよらなかったと素直に認め、特許として認定してくれとも良いのにと思うのだが、それでは審査官のプライドが許さないのだろう。きっとそうだ。

進歩性を判断するにあたって審査官がとる手法は比較法となる。そうならざるを得ない。それしかできないのだから。過去の似たような特許出願を探してきて、当該審査対象特許とその内容を比較する。そして、文言が似ている・似ていないとの文学談義となるわけである。(文学の世界でも、特定の単語の頻出率よりその作家が誰に影響を受けたかなどを研究する分野がある。)似ている部分を指摘して、「当該出願特許は特許として認めることはできない。もし、認めて欲しければ、特許にして欲しいと要求している権利の範囲を狭めてください」、と来るわけである。

私は今までに何度となくこの種の文書を特許庁(審査官)よりもらって来たが、ときどきびっくりするような理由で拒絶されることがある。なぜそれが拒絶の理由になるのだと。そんな場合でも、正面から審査官に喧嘩を吹っ掛け、「そんなことも知らないの」とやってしまうとその特許の命運が尽きる。結局、審査官の意見を尊重しながら、できるだけ広く権利を守れるように修正して出し直すことになる。官は民よりも強い!

複数の審査官が審査に当たることになっているが、私の出願特許に関する限り、実際に審査にあたっているのはそのうちの一人だけだと実感している。そのたった一人が、ある専門分野の集団が知恵を出して発明したその出願を審査するわけである。審査官といえども人間である。スーパーマンであるはずも無く、どんな出願特許が来てもその内容を深く理解し、そこに特許性があるなどと判断できること自体、すごいことだと思う。でも、そんなことは現実的には不可能だ。

そんなこんなで、日本の場合、審査請求を出してから1回目の回答が特許庁より返ってくるまでに約3年かかる。待ち行列を考えていただければわかるように、この3年の間で、本当に審査に要している時間はせいぜい1日、長くて2日ぐらいではないかと私は思っている。というのも、私自身、新しい仕事に取り掛かるときには、関連する日本の特許・世界の特許の全てを調べ上げ、それをパテントマップに書き出し、研究の方向性とその研究が完成した時の独自性をまずは判断する。この時に、テーマの内容にもよるが、かなり詳細に作業をして1~2日が必要であるというのがその理由である。

以上、述べてきたように、日本特許の問題点は、①審査官が真の専門家ではなく、しかも一人で審査にあたっているため、審査の質にぶれがあると考えられること、②その審査に極めて長時間を要すること、が挙げられる。なお、最近は日本の企業も海外出願することが当たり前となってきたが、①に関してはどこの国でも事情は同じであると感じている。審査内容をみてビックリはするが、どこの国とも間違いのレベルは同じであるので、カルチャーショックは感じない。

人生は人との出会い。出願特許が権利として認められるかは、かなりの部分が良い審査官と巡り会えるかにかかっている。科学の成果物も結局は専門家ではない専門家・特許審査官にその運命を託さなければならないという、宿命的なものを感じずにはいられない。


         

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック