マッドサイエンティスト? 超強力鳥インフルエンザウイルスH5N1を作る 悪用されるとそのとき人類は?

この記事は次の点で注目されると私は考える。

1.科学者はどんな強力な毒性を持ったウイルスでもつくり得る可能性がある。
2.その興味はH1N1からH5N1へとどんどんと毒性の強いものへとエスカレートしていく。
3.でもこのくらいに注目する研究をしなければ雑誌サイエンスに掲載されることはない。
4.ここまでは大丈夫と研究の範囲を広げていくと、いずれ大きな事故に至る可能性がある。
5.研究の範囲は、かつて遺伝子操作が一時禁止されたように、何らかの制約が必要である。
6.作り出されたウイルスを安全に保管・処分する国際的な取り決めが必要である。
  (参考 研究開発等に係る遺伝子組換え生物等の第二種使用等に関するQ&A
7.結局は国家や研究者の倫理観を育てることが人類にとって有益な研究を保証することになる。
8.科学者に倫理を教える教育がなされているかは不明である。倫理観は人それぞれである。
  (参考 日本技術士会には技術士倫理要項がある)



人民網 11月30日

科学者が高い致死率のスーパーウィルスを開発

 オランダのある研究グループがこのほど、致死性の高い鳥インフルエンザウイルスを開発した。同ウイルスはH5N1鳥インフルエンザウイルスを元に遺伝子操作により生み出されたもので、致死性が大幅に高まり、数百万人の間で急速に広まるという。

 これまでに発見されているH5N1ウィルスは感染性が高くなく、これまでの死者は500人程度にとどまり、世界的な疫病となるほどではない。もっとも新たに開発されたウィルスの致死性や感染力は数倍も高いものとなっている。

 同ウィルスを開発したオランダのウィルス専門家、Ron Fouchier氏によると、同ウィルスを使って、一般に流行病のウィルスや呼吸道感染の実験によく用いられるフェレットで実験を行なった。同ウィルスは空気感染が可能で、感染した動物の半数以上が死亡した。Fouchier氏は「同ウィルスは一般のインフルエンザウイルス同様、人間の間で急速に広まる可能性がある」と語り、ウィルスが拡散すれば数百万人が死亡する恐れがあるとしている。

 この実験は科学界で大きな論争を呼んでいる。同ウィルスがテロリストなどの手にわたり、バイオテロに利用されることを懸念する声もある。米ピッツバーグ大学バイオセキュリティセンターのThomas Inglesby氏は「致命的なウィルスを毒性や感染力がさらに強いスーパーウィルスに変えることは誤っている」と語る。しかし、こうした変種ウィルスの培養を通じて、科学者がその対策法を研究することもできると考える意見もある。(編集YH)

 「人民網日本語版」2011年11月30日




Ron Fouchier

Ron Fouchier received a PhD in Medicine from the University of Amsterdam in 1995, for his studies on molecular determinants of HIV-1 phenotype variability at the Department of Clinical Viro-immunology, Sanquin Research. He was a post-doctoral fellow at the Howard Hughes Medical Institute, University of Pennsylvania School of Medicine in Philadelphia, from 1995-1998, where he studied the function of the HIV-1 Vif protein, and nuclear transport of HIV-1 pre-integration complexes. He subsequently joined the Department of Virology at Erasmus MC to start a new group studying the molecular biology of respiratory viruses, in particular influenza A virus.

As a KNAW fellow, he studied influenza virus zoonoses and pathogenicity. Recent achievements of his team include the identification and characterization of several "new" viruses; the human metapneumovirus (hMPV), a human coronavirus (hCoV-NL), the SARS coronavirus (SARS-CoV), and a new influenza A virus subtype (H16). Currently, his research is focused on the evolution and molecular biology of respiratory viruses in humans and animals, with special emphasis on influenza virus zoonoses and pandemics, and hMPV. Ron Fouchier is a member of the "Jonge Akademie" of the KNAW.

Virology department webpages


Fouchier RA, Kuiken T, Schutten M, van Amerongen G, van Doornum GJ, van den Hoogen BG, Peiris M, Lim W, Stohr K, and Osterhaus AD (2003)
Koch's postulates fulfilled for SARS virus
Nature 423:240

Smith DJ, Lapedes AS, de Jong JC, Bestebroer TM, Rimmelzwaan GF, Osterhaus AD, and Fouchier RA (2004)
Mapping the antigenic and genetic evolution of influenza virus
Science 305:371-376

Olsen B, Munster VJ, Wallensten A, Waldenström J, Osterhaus ADME, and Fouchier RAM (2006)
Global patterns of influenza A virus in wild birds
Science, 312:384-8

Russell CA, Jones TC, Barr IG, Cox NJ, Garten RJ, Gregory V, Gust ID, Hampson AW, Hay AJ, Hurt AC, de Jong JC, Kelso A, Klimov AI, Kageyama T, Komadina N, Lapedes AS, Lin YP, A. Mosterin, Obuchi M, Odagiri T, Osterhaus ADME, Rimmelzwaan GF, Shaw MW, Skepner E, Stohr K, Tashiro M, Fouchier RAM, and Smith DJ (2008)
The global circulation of seasonal influenza A (H3N2) viruses
Science 320:340-6

Munster VJ, de Wit E, van den Brand JM, Herfst S, Schrauwen EJ, Bestebroer TM, van de Vijver D, Boucher CA, Koopmans M, Rimmelzwaan GF, Kuiken T, Osterhaus AD, Fouchier RA (2009)
Pathogenesis and transmission of swine-origin 2009 A(H1N1) influenza virus in ferrets
Science 325::481-3

フェレットでの豚由来2009年型A(H1N1)インフルエンザウイルスの病因と伝播 雑誌サイエンス




Scientists mutate bird flu to make it MORE contagious - but critics claim the 'bioweapon' must be kept secret 11月18日

画像


But in this case, many experts say that the research should be suppressed - in case the new 'tweaked' virus is used as a bioweapon.
A more contagious version of H5N1 could be a terrible weapon in the hands of terrorists.
Fouchier's work is now being scrutinised by an American committe called the National Science Advisory Board for Biosecurity, says NPR.
Virologist Ron Fouchier engineered a version of the H5N1 virus that was more contagious between ferrets - a standard 'animal model' for how infectious a virus might be between humans
Bioterrorism experts are aghast at the idea of the research being released.
'It's just a bad idea for scientists to turn a lethal virus into a lethal and highly contagious virus,' says Dr Thomas Inglesby, director for the Centre for Biosecurity at the Universuity of Pittsburgh.
'There are some cases that I think are worth an exception to the principle of openness,' he told NPR. 'I can only imagine that the process of deliberating about the publication of these findings is quite serious.'
Fouchier is not going to comment until the committee has made its decision about whether the findings should be published.

Experiments involving other, different variants of the virus have been published in the journal Virology.
Experts are divided about the benefits of publication - with some saying that the benefits of publishing, and studying, new variants of viruses can outweigh the risks.


      

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン ウェイファーラー

    Excerpt: マッドサイエンティスト? 超強力鳥インフルエンザウイルスH5N1を作る 悪用されるとそのとき人類は? 伝右の日記・日々考えること感じること/ウェブリブログ Weblog: レイバン ウェイファーラー racked: 2013-07-06 00:46
  • VISVIM 通販

    Excerpt: マッドサイエンティスト? 超強力鳥インフルエンザウイルスH5N1を作る 悪用されるとそのとき人類は? 伝右の日記・日々考えること感じること/ウェブリブログ Weblog: VISVIM 通販 racked: 2013-07-08 18:07
  • プラダ トート

    Excerpt: マッドサイエンティスト? 超強力鳥インフルエンザウイルスH5N1を作る 悪用されるとそのとき人類は? 伝右の日記・日々考えること感じること/ウェブリブログ Weblog: プラダ トート racked: 2013-07-08 22:44