茨城県、栃木県のイノシシ、シカから基準値を超える放射性セシウムが検出される

栃木県や茨城県のイノシシやシカの肉より基準値を超える放射能が検出されている。植生は下に示したとおりであるが、草木などから放射性セシウムを取り込んだものと考えられる。東北には多くの野生動物がおり、その行動範囲は比較的狭いため、さらにこの蓄積が進んでいくものと考えられる。

鳥類も例外ではない。

今後、野生動物にどの程度の放射性セシウムが蓄積していくかを継続分析することで、人への放射能の影響を予測し、その結果に基づいた食の安全を図っていくことは必須となってくる。気の遠くなるような長い戦いとなることは容易に想像できるが、行政におかれては適正に業務を遂行していっていただきたい。





東京新聞 9月21日

イノシシの肉 3市規制値超え

 県は二十日、高萩市、日立市、土浦市で捕獲したイノシシの肉から暫定規制値(一キログラム当たり五〇〇ベクレル)を超える八九〇~一〇四〇ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表し、県内全域で捕獲された肉を食べないよう自粛を呼び掛けた。

 イノシシが生息する十六市町のうち、九月七日から十五日までに捕獲した十四市町の肉について県環境放射線監視センターで検査し、判明した。県内の狩猟期は十一月十五日から四カ月間。有害捕獲隊員らに食用としないよう注意を促す。これまで、水戸市内で捕獲された肉からも暫定規制値超えが確認されている。




YUCASEE Media 9月28日

栃木県産シカから1000bqの放射性セシウム検出

 厚労省は27日、栃木県で捕獲された野生のシカとイノシシから、食品衛生法の暫定規制値(1キロあたり500ベクレル)を超える1000ベクレル以上の放射性セシウムが検出されたと発表した。

 イノシシ2頭はそれぞれ1185、990ベクレルが検出。シカ2頭はそれぞれ1069、545ベクレルが検出された。シカから暫定規制値を超える放射性セシウムが、国や県などの公的機関の検査から出たのは、今回が初だという。

 イノシシは、矢板市、那須町。シカは矢板市、塩谷町のものを検査。また、宇都宮市のイノシシ肉から検出された放射性セシウムは、262ベクレルだった。




鳥獸被害防止対策の手引き

イノシシ
○食性雑食性(人間の食べ物はすべて食べる。繊維質が消化できず堅い草や木は食べない)
○行動行動範囲は、30~100ha程度。定着と移動を繰り返す

ニホンジカ
○食性草食性(植物はほとんど何でも食べる)
○行動行動範囲は、50~100ha程度。季節により行動範囲の変動がある。

ニホンザル
○食性植物性のものを中心に食べる。果実や虫を好む一方、肉や魚は食べないとされる。
○行動群れごとに、エサをもとめて1000ha以上の行動範囲を遊動する。

タヌキ
○生活夜行性(里山や人家周辺に 生息)
○食性雑食性。果実類、堅果類、豆などの穀物、トウモロコシなどの農作物、生ゴミも採食する。

ツキノワグマ
○生活冬眠する。明け方と夕方に活動が活発になる。木登りは得意。一度に腹一杯になるまで食べ尽くす。
○食性ほとんどが植物性に依存した食性。ハチミツが大好物。5~8月に鋭い爪や歯でスギやヒノキの幹の皮を剥がす林業被害を起す。

ハクビシン
○生活夜行性(里山や人家周辺の樹上で生息)
○食性果実食中心の雑食性。ブドウなど甘味のある果実類を好む。

アライグマ
○生活夜行性(家の軒下や側講など、人家周辺・農耕地に生息。水辺を好む)
○食性動物質中心の雑食性。果実や農作物、生ゴミなどを採食する。

カラス
鳥類の中で最も被害が多い。水稲のコンバイン収穫により、多くのモミが圃場に落ち、それを年間を通じて摂食することで個体数が増加したと考えられている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • toms shoes

    Excerpt: 茨城県、栃木県のイノシシ、シカから基準値を超える放射性セシウムが検出される 伝右の日記・日々考えること感じること/ウェブリブログ Weblog: toms shoes racked: 2013-04-22 10:09
  • sac louis vuitton

    Excerpt: %title% Weblog: sac louis vuitton racked: 2013-04-22 10:10
  • scarpe hogan

    Excerpt: %title% Weblog: scarpe hogan racked: 2013-04-22 10:10