東京電力社長に企画畑の常務取締役が昇進 またもや文科系の社長が! 理科系人間は社長になれないのか?

東京電力のように、安定化?? 官僚化? した会社の社長はやはり文科系出身者となるのか。今回の事故の原因は経営トップの原子力に対する理解が至らなかった人災の要素も強いと考えられるのだが!? ・・・・


毎日jp 5月21日

東京電力:新社長に西沢氏 政官界とパイプ重視 勝俣会長主導の体制温存

 東京電力の清水正孝社長の後継社長として20日、昇格が決まった西沢俊夫常務は、留任する勝俣恒久会長と同じ企画畑の出身で、勝俣会長の「秘蔵っ子」(東電関係者)として以前から社長候補とみられてきた。電力政策を巡る政府などとの調整経験を評価したトップ人事だが、勝俣会長が経営を主導する現行の体制は温存された



東京電力(Wikipedia)

歴代社長


氏名在任期間出身校出身部署
安蔵弥輔1951年5月 - 1952年9月旧制第二高等学校[要出典]

(現在の東北大学
2高井亮太郎1952年9月 - 1958年東京帝国大学電気工学科
3青木均一1958年 - 1961年東京高等商業学校

(現在の一橋大学
4木川田一隆1961年 - 1971年東京帝国大学経済学部営業
5水野久男1971年 - 1976年東京帝国大学法学部総務
6平岩外四1976年 - 1984年東京帝国大学法学部総務
7那須翔1984年6月 - 1993年6月東京大学法学部総務
8荒木浩1993年6月 - 1999年4月東京大学法学部総務
9南直哉1999年4月 - 2002年9月東京大学法学部企画
10勝俣恒久2002年9月 - 2008年6月東京大学経済学部企画
11清水正孝2008年6月 - 現職慶応義塾大学経済学部資材

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年06月01日 05:37
理系の人が社長でない会社に将来がないと私は考えています。
多くの哲学者が理系であった事実と、例えばホンダの成長(本田さん)、NECの成長(小林さん、関本さん)など理系社長が重要だったと、私も思います。

この記事へのトラックバック