100ミリシーベルトの被ばくを受けた原発作業従事者は5年間は働けない! 失業補償は? 交代要員は?

福島では農業者や漁業者にたいする補償の問題が発生しているが、原発作業従事者はどうなるのか。一時的には約7万人ともいわれる全国の原子力従事者が福島への動員の可能性があるが、放射線量の高い現場で、5年間に許容される100シーベルトを超えた場合には、その時点から5年間、作業にはつけなくなる。

これは、国側にも作業もする側にとっても、想定外であるかもしれない。仕事ができなくなった原子力作業従事者に対して、国は、東電は、どのような補償をすることになるのであろうか? また、欠員となった作業従事者をどのように手当てするのであろうか?

日本国中から作業従事者をかき集めている状態であるので、たの電力会社の原発に影響は出ないであろうか?

多くのことを考えさせられるニュースである。




読売新聞 4月29日

累積100ミリシーベルト超で原発作業5年不可
. 福島原発
 厚生労働省は28日、東京電力福島第一原子力発電所の緊急作業で累積被曝(ひばく)線量が100ミリ・シーベルトを超えた作業員は、同原発での作業期間を含む5年間、他の原発などでの放射線業務に従事させないよう、全国の労働局に通達した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン サングラス

    Excerpt: 100ミリシーベルトの被ばくを受けた原発作業従事者は5年間は働けない! 失業補償は? 交代要員は? 伝右の日記・日々考えること感じること/ウェブリブログ Weblog: レイバン サングラス racked: 2013-07-05 16:55