やはり危ない! 中国の食事情 あなたは食べますか? こんな食品!あんな食品!

すべてがすべてではないと思うが、やはり中国の食には危険が付きまとうようだ。その危険を生み出す源には、設ければよいという利己的な考えがあるのでは。日本では反社会的な行動は自然と社会的制裁にさらされ、事件の芽が事前に摘み取られる場合が多い。一方、中国では短期に稼いで身を隠してしまえばそれまでという、そういう社会的な逃げが許されるのが、犯罪を未然に防げない理由かもしれない。



産経ニュース 4月26日

食品添加物で女児死亡 北京、フライドチキンに 

 北京市豊台区で21日、1歳の女児が街頭の屋台のフライドチキンを食べたところ、中毒症状を起こし死亡した。大量の食品添加物、亜硝酸塩が含まれていたことが原因で、警察当局は屋台の経営者を拘束した。中国紙、京華時報などが26日までに報じた。



産経ニュース 4月24日

中国で偽装食品相次ぐ 広東…ニセ牛肉、上海…防腐剤入り饅頭
 【上海=河崎真澄】中国で食品の衛生や安全をめぐる問題が相次ぎ浮上している。中国紙、広州日報(電子版)によると、広東省当局は、豚肉に添加物を混ぜて高級牛肉と偽り、販売していた同省仏山の男の身柄を拘束した。健康被害は伝えられていないが、安価な豚肉に昆虫駆除などに使われるホウ砂を加えることで、食感や味を偽装して高値販売する手口だった。



産経ニュース 4月8日

牛乳飲み、食中毒で乳幼児3人死亡 子供ら35人治療 中国 亜硝酸塩混入か
 新華社電によると、中国甘粛省平涼市の衛生当局は8日、同市で7日に食中毒のような症状の訴えがあり、乳幼児3人が死亡、子供ら35人が病院で治療を受けていることを明らかにした。
 症状を訴えた子供らは全員、2カ所の地元農場から出荷された牛乳を飲んでいた。
 地元当局は専門家チームを現地に派遣。牛乳に食品添加物の亜硝酸塩が混入した疑いがあるとみて経緯を調べている。



産経ニュース 2月23日

園児ら136人食中毒 中国
 22日付の中国の通信社、中国新聞社電によると、陝西省西安市の幼稚園で21日、園児ら136人が食品添加物の亜硝酸塩が原因の食中毒になった。地元当局は園内の調理場で作った食事に亜硝酸塩が含まれていたとみて、経緯を調べている。

 園児らは昼食後に吐き気や下痢の症状があり、病院に搬送されたが、いずれも生命の危険はないという。幼稚園は無認可で、食事の提供に必要な当局の許可も得ていなかった。(共同)



産経ニュース 1月13日

毒入り食品約4百キロ出回る 中国広州
 広東省広州市海珠区政府は11日、区内のスーパーで米などの食品に男が毒物を混入し、約400キロが販売されたと発表した。区政府は購入者に商品の返還を呼び掛けている。中国紙、広州日報(電子版)が12日伝えた。


         

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

日本人は世界一身勝手でわがままで最低最悪な民族
2011年05月14日 20:04
いや日本の食品も危ないから
俺は中国には何回か行ったことあるけど何も無かったぞ
俺はこれからも中国産の食品を食べ続ける

この記事へのトラックバック

  • ★平成の小沢一郎と明治の江藤新平!

    Excerpt: ★国民主権を希求する遙かなる道程!明治維新後の新政府に於いて近代的な司法制度の確 Weblog: ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ racked: 2011-04-28 00:33