JR福知山線脱線死亡事故からはや6年 しかし、その記憶は脳裏から消えず

もうあれから6年もたってしまったとは、月日のたつのは早いものです。しかし、事故の記憶は昨日のように鮮明に残っています。死者の数が107名。この数字は頭に叩き込まれて抜けることがありません。

本日の新聞報道では、死者の数が106名と報じられています。これは、乗客で被害にあわれた方の数です。ここに1名、運転手の数が加わると107名となるわけです。

遺族の方の感情からすると、運転手が犠牲者と一緒に追悼されるのには抵抗があるかもしれません。しかし、各種報道がなされたように、この運転手も被害者の一人であった可能性が大きいと私は思っています。官僚的な国鉄体制を引きずったJRの犠牲者の一人ではないかと。

国鉄がJRと改名されて久しく時が経ちました。現場で乗客に接する駅員さんは意識改革も行き届き、サービスも格段に良くなりましたが、上層部では官僚体制がそのままの形で生き残っていたということでしょう。当時の社長が被告となっている裁判が継続中です。このあたりのことが次第に明らかになっていくことでしょう。

脱官僚体制、これが今の日本に求められることでしょう。



テレビ朝日 4月25日

JR福知山線事故から6年 106人の犠牲者悼む

 乗客106人が死亡したJR福知山線脱線事故から25日で6年。兵庫県尼崎市の事故現場には遺族らが訪れ、追悼する祈りをささげています。

 事故現場横の献花台には、朝早くから遺族やけがをした人らが訪れ、亡くなった方の冥福を祈りました。
 長女を亡くした奥村恒夫さん:「私のなかでは、時間は止まっている」
 夫を亡くした原口佳代さん:「(事故当時と同じ月曜日で)まだ信じられないというのが、きょうのほうが一番強い」
 6年前の25日、尼崎市のJR福知山線で、猛スピードの列車が脱線して線路脇のマンションに激突し、乗客106人と運転士が死亡しました。この事故をめぐっては、JR西日本の前社長の山崎正夫被告の刑事責任を問う裁判が続けられています。また、検察審査会の議決により、強制起訴された歴代社長3人の裁判も今後、行われます。



JR福知山線脱線事故(Wikipedia)

近隣住民および下り列車に対しての二次的被害は免れたものの、直接的な事故の犠牲者は死者107名(当該列車の運転士含む)、負傷者562名[2]を出す未曾有の大惨事となった。犠牲者の多くは1両目か2両目の乗客で、ほとんどが多発外傷や窒息で亡くなっており、クラッシュ症候群も確認されている。

日勤教育の問題目標が守られない場合に、乗務員に対する処分として、日勤教育という、再教育などの実務に関連したものではなく懲罰的なものを科していた。それが十分な再発防止の教育としての効果に繋がらず、かえって乗務員の精神的圧迫を増大させていた温床との指摘も受けている。日勤教育については事故が起こる半年前に、国会において国会議員より「重大事故を起こしかねない」として追及されている。また、日勤教育は「事故の大きな原因の一つである」と、多くのメディアで取り上げられることになった。事故を起こした運転士は、過去に運転ミスなどで3回の日勤教育を受けていた。

刑事裁判2009年7月8日、神戸地方検察庁は、当時の安全担当役員だった山崎正夫社長を、業務上過失致死傷罪で在宅起訴した。起訴理由は、山崎が福知山線のJR東西線への乗り入れの線形改良工事の前年に函館本線で発生した日本貨物鉄道の脱線事故を受け、この事故が起きた地点の線形に注目し、当該区間にATS-Pを設置すれば事故が防げる趣旨の発言から、福知山線の線路付替の危険性を認識していたことを理由としている。


      



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

永江聡
2012年03月01日 19:09
JR深名線の路線バス乗務員死亡
つらいね
2013年10月15日 18:04
悲惨な高速道路の事故はなくならないのか。
テレビ番組で高速道路の致命的な欠陥がある事が報じられていた。
一車線しかない高速道路で見通しの悪い急カーブでの事故多発。
事故を起こす盲点は至る所にあると思う。

この記事へのトラックバック

  • レイバン ウェイファーラー

    Excerpt: JR福知山線脱線死亡事故からはや6年 しかし、その記憶は脳裏から消えず 伝右の日記・日々考えること感じること/ウェブリブログ Weblog: レイバン ウェイファーラー racked: 2013-07-03 18:46