韓国 竹島に「海洋基地」を建設 領海と排他的経済水域の拡大を狙う その阻止法は政治力しかない!

韓国が竹島に「海洋基地」を作るという。現在、日本が引いている韓国との境界線は、韓国のウルルン島と日本の竹島の中間にあるが、竹島が韓国に帰属するとなるとその境界は、竹島と日本の壱岐の中間地点へと大きく南下することになる。

竹島は島としての価値よりも領海を決定するためのランドマークとしての意味合いが強い。

さて、島とはWikipediaによると「海洋法に関する国際連合条約(国連海洋法条約)第121条では、「島とは、自然に形成された陸地であって、水に囲まれ、高潮時においても水面上にあるものをいう」とある。」となっている。だが、一説には「人の住めることが島の条件である」というものもあり、この場合は水と食料が島の内部で手に入ることが条件となる。この定義にしたがうと、沖ノ鳥島などは島とは認められなくなってします。

もし竹島が島ではないとすると、その境界線は韓国のウルルン島と日本の壱岐の中間に引かれることになり、この場合にも境界線は現在の日本の引いている境界線よりもはるかに南に引かれることになる。

この境界線の決定は、国連の仲裁に負うことになる可能性が大きいが、出された仲裁案に当事者である両国が同意した場合にのみ、その効力が発揮されることになる。その同意がない場合には、最終的手段として武力による決定が世界の趨勢である。ただ、日本は世界でただ唯一、武力を持っては領土を主張しないとしている国家であるので、このまま事態が進むと韓国の言うなりで、竹島は韓国に帰属することになるものと考えられる。

ついでに、中国との領有権で問題となっている尖閣列島は、中国からの大陸棚の上に位置している。国際的には中国の一部と認められる可能性が強く、こちらも日本にとっては分が悪い。政府には戦略的に頑張ってもらいたいところである。


現在、領海は2海里(1海里は1852m)、排他的経済水域は300海里となっている。南北に細長い島国であり、多くの島々を持っている日本は、その周りを海に囲まれ、300海里の排他的経済水域を含めると、世界で有数の経済圏を持つ(おそらく世界で4番目)の大国となる。海には、魚介類、天然ガス、メタンハイドレート、マンガン塊など多くの海洋資源が眠る。豊かな国造くりのために、海は日本民族にとっては大切な自然であり環境である。海洋国日本を意識し、その利権を守り抜くための憲法の制定も求められている。



画像



産経新聞 4月17日

竹島「海洋基地」 こんな時に建設強行とは

 韓国が不法占拠している竹島(韓国名・独島)付近の日本領海内で計画中の「総合海洋科学基地」建設工事の落札が終わり、近く基礎工事が始まることが分かった。

 基地は竹島の北西約1キロに建設され、韓国政府が300億ウォン(約22億円)かけ、2013(平成25)年の竣工(しゅんこう)を目指している。不法占拠の既成事実化を狙った不当な工事である。

 しかも、日本は今、東日本大震災の復旧・復興に向けて悪戦苦闘している最中だ。そのような時期に工事を始めるとは、隣国としての信義にももとる。

 松本剛明外相は衆院外務委員会で、ソウルの日本大使館を通じて韓国に抗議したことを明らかにし、「韓国の竹島への措置は到底、受け入れられない」と強調した。当然である。

 韓国は大震災直後の先月中旬にも、竹島で大型ヘリポートの改修工事に着手し、5月末に完了する予定だ。これも隣国の不幸に乗じた行為と言わざるを得ない。

 また、韓国の金滉植首相は今月7日の韓国国会で、竹島について「状況によっては、軍隊が駐屯する案も検討する価値がある」と述べた。この発言も見過ごすわけにはいかない。

 現在、竹島には、韓国の警察官による警備隊が常駐している。これ自体、不法な行為だが、さらに韓国軍が駐屯し、軍事基地化すれば、日本には少なからぬ脅威になる。厳重な警戒が必要だ。


      





日本海洋地図
昭文社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本海洋地図 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

日本の国境 (新潮新書)
新潮社
山田 吉彦

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本の国境 (新潮新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック