伝右の日記・日々考えること感じること

アクセスカウンタ

zoom RSS 原発から5kmの地点で見つかった遺体の収容作業を断念 土地はすでに放射能で汚染されているか?

<<   作成日時 : 2011/03/29 06:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回の震災で亡くなられた方が原発から20km以内にまだ多くいらっしゃるかもしれない。原発から5kmのところで亡くなられた方が見つかったというニュースである。この区域は放射能汚染の可能性があるので、ずっと立ち入りが禁止が続いている。肉親を捜したくても探せない家族の無念は計り知れないものがある。

そしてもう一つ。遺体の放射線量が多くて収容を断念したという事実である。付着している放射性元素の種類は何かということが問題となる。ヨウ素131ならば半減期8日と政府もずっと広報しているので、まだ救いがあると考えられるが、これが半減期30年の放射性セシウムならばことは重大である。土壌はどれだけ汚染されているか?事故が落ち着いた後、さらに立ち入り禁止を継続しなければならないか?

住民の方にはまだまだ困難が継続する話である。国も飛車医者の気持ちを十分に考えた、手厚い援助の手を差し伸べる必要がある。



asahi.com 3月29日

原発から5キロの地点に男性遺体 放射線量多く収容断念

. 警察庁は28日、福島第一原発から半径20キロの避難指示圏内にある福島県大熊町内で27日に男性の遺体が見つかったものの、放射線量が多くて収容作業を断念したことを明らかにした。発見場所は原発から約5キロの場所。遺体の状況などから、警察は男性が震災で亡くなった可能性があるとみている。

 同庁によると、遺体の情報が寄せられて県警の機動隊員ら15人が出動し、駐車場で仰向けで倒れている遺体を見つけた。線量計で表面を測ったところ、全身除染が必要とされる県の基準を上回ったため、近くの建物内に安置した。今後、改めて収容方法などを検討するという。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原発から5kmの地点で見つかった遺体の収容作業を断念 土地はすでに放射能で汚染されているか? 伝右の日記・日々考えること感じること/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる