日本技術士会より「東北関東各地の環境放射能測定情報について」というお役立ち情報サイトあり 

日本技術士会原子力・放射線部会が「東北関東各地の環境放射能測定情報について」というサイトを立ち上げています。何かのお役にたてればと、アドレスと、その前書きをこのブログに転記いたしました。


内容はこのアドレスに

http://www.engineer.or.jp/dept/nucrad/open/index.html


開きましたら次のような文章が出てきます。その文章の青色に着色した部分をクリックしてください。


このたびの東北地方太平洋沖地震で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
連日報道されているとおり、福島第一原子力発電所では、現在も人的被害を最小限に食い止めるための努力が継続されています。日本技術士会 原子力放射線部会は、被災地域および近隣地域の皆さまに状況に応じた適切な行動をとっていただくために、原子力発電所からの放射性物質飛散による環境放射線への影響やこれにともなう身体への影響等について、正確な情報を適時に提供する必要があると考え、各自治体等が公表している環境放射線のモニタリングデータに関するウェブサイトのリンク集を作成し、比較対象となる日常生活における放射線レベルに関する情報とともに皆さまに提供することに致しました。(2011.3.16)




2011年3月16日
2011年3月21日改
日本技術士会
原子力・放射線部会
東北関東各地の環境放射能測定情報について
(東北関東大地震に伴い発生した原子力発電所被害による影響監視)


3月11日に発生した大地震では、東北地方および関東地方を中心に甚大な被害が発生しました。被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。連日報道されているとおり、福島第一原子力発電所では、現在も人的被害を最小限に食い止めるための努力が継続されています。日本技術士会 原子力放射線部会は、被災地域および近隣地域の皆さまに状況に応じた適切な行動をとっていただくために、原子力発電所からの放射性物質飛散による環境放射線への影響やこれにともなう身体への影響等について、正確な情報を適時に提供する必要があると考え、各自治体等が公表している環境放射線のモニタリングデータに関するウェブサイトのリンク集(資料1)を作成し、比較対象となる日常生活における放射線レベルに関する情報(資料2、資料3)とともに皆さまに提供することに致しました。
首相官邸および文部科学省からも同様の情報が提供されておりますので、それらを補足する情報としてご活用ください。

なお、実際の対応にあたっては、国や自治体から提供される情報に従って、冷静に行動していただくようにお願い致します。


日本技術士会 原子力・放射線部会

      

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック