世界から多くの救助 日本は必ず復活できる、復活しなければ 心ある若者が多くいることもわかった

このたびの震災、地震発生直後から世界各国の多くの支援を受けています。多くの国から救援隊が入りました。また多くの国では、募金活動を行ってくれています。

平常時には国家間で意見の対立や経済的な摩擦があり、それらが表面化して国家間に外交問題が発生することも多くありますが、何か事があるときにはそれらのこととは関係なく、国際間でこのような援助がなされることは、援助される側になってみて、はじめてそのありがたさと、また国際的にもそのメンバーの一員であると実感できるものです。あらためて、そのありがたさが身に沁みます。

全世界から受けたこの暖かい愛情をありがたく感謝しつつ、今しばらくは日本の復興に力を入れ、世界に貢献ができる日本としてその存在意義を高めていきたいものです。

ここ20年間閉塞状態にあった日本は、今回の不幸な出来事を通して、世界の中の日本、日本が日本らしく世界に貢献できることは何か?と真剣に考える時に至ったものと思います。その思いを形にできる多くの若者がいることが今回の一連のニュース報道で明らかとなりました。悲惨な震災の現場で自ら被災しながらも献身的な支援を続ける多くの若者達がテレビで映し出されました。日本はきっと復活できます。このような若い世代がいる限り。



TBS News i 3月22日

海外支援第一陣、韓国隊が23日に帰国

 東日本大震災で海外からの災害支援として発生後、最初に派遣されていた韓国の救助隊が、23日に帰国することが決まりました。

 韓国の救助隊は震災発生翌日の12日、海外からの災害支援の第一陣として救助犬を含むチームが被災地に入り、14日にはさらにおよそ100人の隊員が仙台周辺に派遣され、主に遺体の収容作業にあたっていました。



JIJIcom 3月14日

海外救助隊の来日相次ぐ=東日本大震災

 東日本大震災を受けた海外からの救助隊の来日が14日午前も相次いだ。オーストラリアの救助隊は同日未明、軍用機で米軍横田基地に到着。同隊は隊員75人と救助犬2頭で構成、活動地域の調整がつき次第、被災地へ向かう。
 韓国の追加支援チーム(102人)も同日午前、成田空港着の軍用機で来日した。韓国は既に救助犬チーム(隊員5人、犬2頭)を被災地入りさせているが、李明博大統領が13日の菅直人首相との電話会談で追加支援を申し出ていた。
 メキシコ隊(隊員12人、犬6頭)も午前中に成田に到着。午後には台湾隊、ニュージーランド隊、フランス隊が着く予定。



3月の朝雲ニュース

東日本大地震 支援チーム続々被災地入り 救いの手…世界から

 東日本大地震で東北地方の壊滅的な被災状況が明らかになる中、医療や捜索などに当たる外国のレスキューチームが続々と被災地に入っている。すでに米国や英国、中国、韓国などのチームが福島や仙台などの甚大な被災地に入り、救援活動を展開。外務省には70カ国以上から救援隊や救助犬、緊急援助物資などの支援の申し出が相次ぎ、国際社会の支援が本格化している。



3月の朝雲ニュース

米軍「トモダチ作戦」 R・レーガン 第7艦隊 仙台沖で救援活動

 西太平洋地域に展開中だった米原子力空母「ロナルド・レーガン」や第7艦隊のイージス駆逐艦「カーティス・ウィルバー」など艦艇8隻が3月13日、仙台沖に到着し、自衛隊とともに行方不明者の捜索に当たる一方、艦載ヘリを使った非常用食料の輸送支援を行っている。



毎日jp 3月15日

東日本大震災:米英救助隊、岩手・大船渡での捜索開始

 東日本大震災で、海外からの救助隊も到着し、15日には米、英、中国からの協力隊が岩手県大船渡市の被災地に入り、午前7時半から海岸沿いで行方不明者の捜索活動を始めた。

 捜索に参加したのは米国際開発局(USAID)の救助隊約150人や英国の消防隊70人、中国の救援隊15人。国際的に広がる支援活動の一環として、地元消防団と連携して被災者の支援や捜索にあたった。各国の協力隊員は津波の惨状に驚いた様子だった。



YOMIURI ONLINE 3月17日

ロシア救助隊第2陣、支援表明116か国・地域

. 巨大地震
 外務省は16日、東日本巨大地震を受けて、ロシアから救助隊第2陣約80人を受け入れると発表した。

 仙台市周辺で活動する。また、カナダ、インド両国はそれぞれ毛布2万5000枚、タイも毛布2万枚の支援を表明した。

 外務省によると、海外からの支援申し入れは16日午後6時現在、116か国・地域、28国際機関となっている。



その他、関連ニュース多数

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ★重苦しい心を癒す映像に感謝します。

    Excerpt: ★重苦しい心を癒す映像に感謝します。震災、津波に被災された方々へ、心から御見舞い Weblog: ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ racked: 2011-03-24 00:22