コカコーラの製法が白日の下に? だが、その製法も時代とともに進化し、秘密はいまだ経営幹部の頭の中に

コカコーラの製法は秘密のベールに包まれてきた。その製法が今回公開(暴露)されることになったが、それはコカコーラ初期の製法であるため、再現テストによると今の味とは似ても似つかないようだ。コカコーラも時代とともに進化してきたということである。

コカコーラ(Wikipedia)には以下のように記されている。世界各国で味が違うということのようだ。

それにしても、コカコーラは、コーラ販売だけではなく手広く商いをしている。自動販売機も多く設置され、コーヒーも売られている。だいぶ昔の話(1990年)となってしまいまったが、UCCのコーヒービジネスがコカコーラ社に脅かされ、それにUCCがコーラ販売(ジョルト・コーラ)で対抗したことがあったが、見事に玉砕した経緯がある。嗜好品は習慣性の物でありすぐには移り変わっていかない。やはり老舗はつよかった。



(引用開始)
19世紀にアメリカ合衆国で発明された世界初のコーラ飲料とされる。ジョージア州アトランタ発祥。現在も本社はアトランタにあり、同地にある「World of Coca-Cola」という博物館には多くの観光客が訪れる。博物館では世界各国のコカ・コーラの味を比較できる。

ザ コカ・コーラ カンパニーで調整されたコーラの原液は世界各地のボトリング会社によってコーンシロップ、砂糖などで薄められ、更に炭酸水で割られて、瓶詰め・缶詰めされ販売される。

コカ・コーラの風味はトップシークレットの香料7xと柑橘系およびスパイス系のフレーバー7~8種類程度の配合によるものと言われる。このうち7xの成分はコカ・コーラ社のトップシークレットであり、成分を知っているのは最高幹部のみである。脱コカイン処理されたコカの葉が成分の一部として含まれる。

7xはレモン・オレンジ・ナツメグ・シナモン・ネロリ・コリアンダー・(コカ)の6種(7種)をアルコールで抽出したものだと言われている。この7xとその他のフレーバーの配合レシピのことを「フォーミュラ」と呼ぶ

2011年2月、アメリカのラジオ番組This American Lifeが、コカ・コーラ社の最高機密とされる香料「7x」の調合割合を発見したと公表した[3]。同番組のプロデューサーが発見したザ コカ・コーラ カンパニーの地元紙The Atlanta Journal-Constitutionの1979年2月8日付けの記事には、コカ・コーラの発明者ジョン・ペンバートンが手書きしたレシピとされる写真が添えられていた。写真から読み取れるレシピは、以下の通りである。

コーラシロップ
  米国薬局方コカ流エキス 3ドラム
  クエン酸 3オンス
  カフェイン 1オンス
  砂糖 30 ポンド
  水 2.5ガロン
  ライムジュース 2パイント (1クォート)
  バニラ 1オンス
  キャラメル
  カラメル 1.5オンス(より着色するにはそれ以上)
7X 香料(5ガロンのシロップに対し、2オンス混ぜる)
  アルコール 8オンス
  オレンジオイル 20滴
  レモンオイル 30滴
  ナツメグオイル 10滴
  コリアンダー 5滴
  ネロリ 10滴
  シナモン 10滴

これに対しザ コカ・コーラ カンパニーは「アトランタの銀行の金庫に保管されている本物のレシピと、写真のレシピは異なる」とコメントし、このレシピの真実性を否定した[5]。

コカ・コーラの瓶は女性のボディーラインを参考にした

コカ・コーラには辛口と甘口がある

サンタクロースが赤い服を着ているのはコカ・コーラのCMが元祖

コカ・コーラは民主党、ペプシコーラは共和党
                                                (引用終了)
 


がっちりマンデー コカコーラ 2006年6月14日放送

1892年に創業されたザ・コカ・コーラカンパニー。
年商は約231億ドル(約2兆6千億円)!! (注:2006年時点)







      





コカ・コーラ ジャージ(TOPS) GRAY M

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コカ・コーラ ジャージ(TOPS) GRAY M の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • オークリー レンズ

    Excerpt: コカコーラの製法が白日の下に? だが、その製法も時代とともに進化し、秘密はいまだ経営幹部の頭の中に 伝右の日記・日々考えること感じること/ウェブリブログ Weblog: オークリー レンズ racked: 2013-07-04 02:55