成層圏の水蒸気量が地球温暖化に影響を及ぼしているかもしれないという話

なぜ成層圏の水蒸気量が減少したかはまだ不明のようですが、温暖化に関連している可能性はあるようです。asahi.comのニュースを補足するために、次の記事を見つけました。

地球がこれから寒冷期に入っていくという話もありますから、この話、これから大きな議論を呼ぶことになると思います。




【環境】水蒸気量:「気温に影響」温暖化対策議論に波紋

今世紀に入って地球の気温上昇が鈍化した原因は上空の水蒸気が減少したためとする分析を、
米国とスイスの研究チームがまとめた。地球温暖化の原因と対策を考える上で論議を呼びそうだ。
28日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。

国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」によると、20世紀後半の気温は10年当たり
0.13度上昇した。00年以降も温室効果ガスは増えているが、気温上昇はほぼ横ばい。
このため「上昇は人間活動が原因である可能性が90%以上」とするIPCCの分析を疑問視する
見解が出ている。

研究チームは二酸化炭素(CO2)と同じように温室効果を持つ水蒸気がかかわっていると考え、
人工衛星と気球で上空の水蒸気濃度を調べた。





asahi.com 1月31日

地球温暖化の鈍り、成層圏の水蒸気減少が影響?

 今世紀に入って地球の気温上昇が鈍り、横ばい傾向になっているのは、上空の成層圏にある水蒸気の減少が関係しているとの分析を米海洋大気局(NOAA)のスーザン・ソロモン博士らのグループがまとめた。米科学誌サイエンス(電子版)に発表した。

 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の2007年報告書は地球温暖化により、今世紀末に気温は20世紀末に比べ1.1~6.4度上昇すると予測している。しかし、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)は増え続けているのに気温上昇が横ばいなことから、一部の専門家は「地球温暖化は止まった」とIPCCの分析を疑問視している。

 成層圏は地表に近い対流圏の上にある。水蒸気の量などは衛星観測により、広範囲のデータ分析が近年可能になった。水蒸気が減った理由は不明だが、気温の変化の仕組みを解明する手がかりになる可能性がある。

 研究グループによると、成層圏下部の水蒸気濃度は2000年ごろを境に、10%程度減っていた。温室効果ガスなどによる気温上昇の効果を25%程度抑え、本来なら気温が0.14度上がるところ、0.10度にとどめたと分析した。80~90年代で気温上昇が大きかったのも、水蒸気量の多さと関係していた可能性があるという。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • オークリー サングラス

    Excerpt: 成層圏の水蒸気量が地球温暖化に影響を及ぼしているかもしれないという話 伝右の日記・日々考えること感じること/ウェブリブログ Weblog: オークリー サングラス racked: 2013-07-03 18:54