産業技術総合研究所(産総研)の二酸化炭素吸着剤・イモゴライトは二酸化炭素回収に革命をもたらすか?

産業技術総合研究所(産総研)より12月4日に二酸化炭素のすぐれたゼオライト系の吸着剤イモゴライトに関する研究成果が報告された。

イモゴライトは、PSA(Pressure Swing Adsorption)という方法を用いて二酸化炭素を回収する場合の吸着剤である。

これによると、イモゴライトは従来この用途で用いられていた吸着剤・ゼオライト13Xと比較して、下図に示すように圧力の変化でゼオライト13Xの倍の二酸化炭素を吸脱着することができる。ゼオライト13Xでは、吸着させた二酸化炭素を外すために減圧に引くことが必要となるが、イモゴライトの場合には、二酸化炭素を高圧で吸着、常圧で脱着と、操作上も非常に有利になる。また、簡単に合成できるので、工業的にも供給が問題ないとしている。

現在、発電所や製鉄所の排ガスより二酸化炭素を回収する方法の主流は、アミン水溶液による吸収・蒸発であるが、40℃での吸収、120℃での蒸発と、アミン水溶液を冷やしたり暖めたりする必要があるため、エネルギー多消費型の二酸化炭素回収法であった。イモゴライトはPSA法により二酸化炭素を効率的に回収する方法に革命をもたらすことになるかもしれない。


ただし腑に落ちない点もあり
1.なぜ原点が大気圧となっているのか?
  通常ならば真空(0気圧)より曲線を引く
2.8気圧(800kPa)まで加圧するには大きなエネルギーが必要と考えられる
3.吸着剤体積当たりの利用できる吸着量が少ないと考えられる



http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2008/pr20081204/pr20081204.html
二酸化炭素吸着性能に優れ、生産性に優れた無機多孔質材

引用の開始
ポイント
・大気圧以上の加圧で大容量の二酸化炭素を吸着し、大気圧まで減圧すると可逆的に脱着
・現在主流の二酸化炭素回収材ゼオライト13Xに比べ、大気圧以上の圧力で2倍以上の吸着性能
・安価な工業用原料から合成ができ、工業レベルの生産が可能に

画像

                                   引用の終わり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック