ディプロマミル 学歴を金銭で金メッキする方法であるがその権威は長続きしない

 学位が簡単に取れますよ、というメールが良く来る。非常に短期間で、お金でアメリカの学位が買えるという。学位さえ与えられれば日本では○○博士と名刺に書ける。どこの大学で学位を取得されましたか?などと聞く人はまれである。ましてや、日本では、いや、アメリカでも○○大学○○博士と書くようなことにはなっていない。

 誰が学位(博士号)をどこでいつ取得したかを検索できるデータベースがあれば、問題は一挙に解決するのだが、個人情報保護法の関連でそうはならないと考えられる。頼みは個人の良心のみということか。明治時代には学士さまは非常に尊敬される存在であったが、今日、博士は玉石混合となっているため、平均値ではその信用が得られていないのではと感じられる。

 ディプロマミルで得た学位は、よほどうまく運用しない限り、いずれ剥げ落ち、白日のもとにさらされることになるだろう。

キーワード:学位 博士号 ディプロマミル 学歴詐称

(Wikipediaより引用)
ディプロマミル(英:diploma mill、証書工場の意)あるいはディグリーミル(英:degree mill、学位工場の意)とは、実際に就学せずとも金銭と引き換えに高等教育の「学位」を授与する(と称する)機関・組織・団体のことであり、その活動は学位商法とも呼ばれる。転じて、アメリカのスラングで、入学卒業が非常に容易な大学を皮肉をこめてこう呼ぶ。なお、このような転用がみられるのは、アメリカの大学では、入学は楽だが卒業認定は厳格なのが普通であるためである。最近ではディプロマミルは社会問題になるほど認知され、これらの機関・組織・団体の社会的影響と大学のあり方が、教育学者による研究テーマとなっている。
ディプロマミルの発行した学位を使用していた場合、軽犯罪法第1条15項(称号詐称の罪)で処罰される可能性が弁護士によって指摘されている。

参考 学歴詐称 (Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A6%E6%AD%B4%E8%A9%90%E7%A7%B0



その他の情報サイト
http://blog.tatsuru.com/2007/04/05_1347.php
http://www001.upp.so-net.ne.jp/yasuaki/misc/abuse/abuse18.htm




学位商法—ディプロマミルによる教育汚染
九天社
小島 茂

ユーザレビュー:
”学位屋”を理解する ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

学歴産業(ディプロマ・ミル)—学位の信用をいかに守るか
玉川大学出版部
喜多村 和之

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

学歴汚染—日本型学位商法(ディプロマミル)の衝撃
学歴ネット
小島 茂

ユーザレビュー:
読ませる"学位屋"と ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック