伝右の日記・日々考えること感じること

アクセスカウンタ

zoom RSS H2Aロケットの打ち上げ成功 韓国の「アリラン」と日本の「しずく」が衛星に これで成功率は20/21

<<   作成日時 : 2012/05/18 11:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

H2Aロケットの打ち上げが成功した。今回は初の商用衛星の打ち上げが成功したことで、日本の衛星打ち上げ技術の信頼性がまたひとつ高まったことになる。

H2Aは液体水素と液体酸素を反応させて推力を得る。極低温の液体水素から極高温の燃焼ガスまでを扱わなければならず、しかもロケットエンジン内は高圧にさらされる。ただし、水の分子量は18と小さいために大きな比推力が得られることが魅力である。日本は非常に高度な技術を獲得したと言える。この詳細は打ち上げに要する費用等も含め、Wikipediaに記されている。

タイトルには成功率20/21と記したが、ただ1回の失敗は6号機(2003年)である。関連する新聞記事を示したが、この記事の末尾にも「設計ミスを予見できたにもかかわらず・・・・」とあるように、この記事の内容からしても、日本のH2Aロケット(H2A)はほぼ不安要素が払拭されたロケットになったと言ってもよいであろう。

ロケットの打ち上げ費用もさることながら、国の威信をかけた人工衛星の開発費用も高額であるので、高度な打ち上げ実績を誇る日本のH2Aロケットが、国際的な科学および商業衛星などの打ち上げに多用されることを望むものである。


日本経済新聞 2004年7月8日
画像



中国新聞 5月18日

初の商業打ち上げ成功 H2A、日韓衛星を軌道に

 宇宙航空研究開発機構の水循環変動観測衛星「しずく」と、韓国の多目的観測衛星「アリラン3号」を載せたH2Aロケット21号機が18日午前1時39分、種子島宇宙センター(鹿児島県南種子町)から打ち上げられ、ともに軌道投入に成功した。H2Aは2005年の7号機から15回連続での成功となった。

 初めて商業受注した海外衛星の打ち上げが成功したのを受けて、三菱重工業は記者会見で「軌道投入が非常に正確に行われ、信頼性が高まった」と話し、衛星打ち上げビジネスの拡大に意欲を示した。

 ただH2Aは政府の情報収集衛星や宇宙機構の衛星以外に実際の受注はなく、海外の主力ロケットとの競争もあって事業の先行きは不透明だ。

 H2Aは打ち上げ後、上昇しながら北極と南極を通る高度約680キロの周回軌道に達し、約16分後にアリラン3号を、約23分後にしずくを正常に分離した。空きスペースに積んだ九州工業大の「鳳龍2号」や宇宙機構の小型衛星2基も順次軌道に投入した。

 韓国航空宇宙研究院が開発したアリラン3号は重さ1トン。高解像度の光学カメラを備え、地球上の地理情報を集めて解析する目的。

 しずくは重さ2トンで、地表からの微弱なマイクロ波をとらえる高性能センサーを搭載。大気中の雨や水蒸気、地上の積雪や土壌の水分量、海面温度などを調べ、環境変動の研究や気象予測の精度向上、漁業分野への応用が期待される。2カ月ほどかけて徐々に高度を約700キロまで上げ、試験運用を経て5年間の観測を行う。衛星1基分の開発費は約180億円。


            

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
タイムゾーンストラテジー【MaxSystem】
3つの時間特性を捉えた自動売買 ...続きを見る
タイムゾーンストラテジー【MaxSyst...
2012/05/18 12:00
民間の無人資材補給船「ドラゴン」が国際宇宙ステーションにドッキング 価格破壊の波が宇宙にも及ぶ
この度、米国の民間ベンチャー企業スペースX社が開発した「ドラゴン」が、資材を積んで国際宇宙ステーションとのドッキングに成功した。先ほど成功した日本のH2Aロケットによる衛星打ち上げ費用は国際水準と比較して3割程度高いと言われている。日本はH2Bを用いて、この7月21日に「こうのとり」による3回目の国際宇宙ステーションへの資材運搬を予定している。「ドラゴン」は「宇宙での価格破壊」(破壊的イノベーション)を標榜している。 ...続きを見る
伝右の日記・日々考えること感じること
2012/05/26 06:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
H2Aロケットの打ち上げ成功 韓国の「アリラン」と日本の「しずく」が衛星に これで成功率は20/21 伝右の日記・日々考えること感じること/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる